うめきた広場 13.03

IMG_8288.jpg

うめきた広場は、 JR大阪駅北口の真正面に設けられる広さ約10,000m2の駅前広場です。大阪北口広場は建築家安藤忠雄氏がデザイン監修として参画しており、水都大阪を発信する水景や並木・大規模な緑地を確保し、風格と界隈性を兼ね備えた憩いの空間が創出されます。水都大阪をイメージし 、カスケード等の水景施設や 緑(いちょう・けやき等)を整備するほか、広場中央には「 霧の彫刻家」として活躍する アーティスト・中 谷芙二子氏監修による「人工の霧」(ミス ト演出装置)を設け、ヒート アイランド現象の 緩和を図ります。また、約500個のLE D照明による光と音の演出と あわせて幻想的な 風景を演出し、昼夜を問わず、居心地の良い空間・時間が提供されます。


【過去記事】
大阪北口広場 12.12

















IMG_8292_20130313231008.jpg

ノースゲートビルディングから見た、うめきた広場の様子です。R大阪駅・ノースゲートビルディングとグランフロント大阪・南館を接続するペデストリアンデッキほぼ完成状態です。南館の入り口には、地下 1階から地上7階、高さ約43mにおよぶ白色のシンボル的な柱があり、この柱はウィッシュ ボーン=Wish Boneと名付けられました。

この柱の形状は、まちの玄関口に位置しお客様を出迎える場所として、 このまちから始まる新しい世界観や先進性、将来性を表現しデザイン化したも ので、南館5階の二股に分かれたこの柱の下をくぐりぬけた人々の願いが叶う「希望の柱=Wish Bone」という思いが込められています。













IMG_8301_20130313231008.jpg

うめきた広場をアップで。前回の取材時と比べると、相当工事が進んでおり、広場の完成時の姿がようやくイメージ出来る様になってきました。














IMG_8305.jpg

続いて、ノースゲートビルディングから見下ろした、うめきた広場の様子です。写真真ん中に見える建物はうめきたSHIPです。うめき たSHIPは、うめきた広場に面したシンボリックなデザインが特徴的な 2 階建ての建物で、停泊する船をイメージしています。1階には、カフェ「GARB Monaque(ガ ーブモナーク)」が出店。2階には、広場に向かって開かれた 開放感のある デザインが特徴の約270m²の多目的ホール「うめきたSHIP HALL」が整備されました。象徴的なロケーション、デザインを活用して、広場と一体的な利用のほか、展示会やセミナー等の多彩なイベントを開催し、広場と合わせて新しい文化の発信拠点となります。














IMG_8308.jpg

うめきた広場の北側に広がる人工池の様子です。何だか美術館の様な雰囲気ですね。














IMG_8734.jpg


今度は、時間を変えて地上から見た、夕刻のうめきた広場の様子です。こちらは広場の北端の歩道側から見た様子です。新たに植栽されたいちょうがメチャクチャ立派で、いきなり御堂筋なみの並木が出現していました。














IMG_8745 2


こちらは、ヨドバシ側から梅北広場越しに見たノースゲートビルディングの様子です。
※写真はすべて敷地の外から、ハイアングルで撮影しました。















IMG_8743.jpg

手前の様子です。人工池が各所に張り巡らせてあり、水の都大阪をイメージさせる景観が出来上がりつつあります。














IMG_8731.jpg

こちらはうめきた広場・北側の人工池越しに見た、ノースゲートビルディングの様子です。うーん、良い感じになってますよ!!















IMG_8729_20130313231027.jpg

最後は、うめきた広場の完成後は定番の撮影ポイントになりそうな場所からパチリ。完成に向けて工事が終盤にさしかかっている、うめきた広場。工事現場を除いてみると新しい都市景観が生まれつつある事が実感出来ました。グランフロントとノースゲートビルディングの組み合わせが新世代の大阪・梅田のイメージを確立する事になりそうです。




8 Comments

福島区民

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
【大阪】うめきた2期開発の全体スケジュール

http://www.senmonshi.com/archive/02/02A0RJo001U79O.asp

うめきた2期区域の開発について、全体スケジュールが初めて示された。JR東海道支線の地下化・新駅の設置工事は2015年度から着手し、23年度の完成を目指す。
土地保有については公的セクターが一括で保有する方向で、15年度以降、基盤整備の完了したところから「みどり」を主体とした開発を進める。
うめきた地区では4月26日に先行開発区域(グランフロント大阪)がオープン。開発の主役の座は2期区域に移る。

 うめきた2期区域はグランフロント東側の敷地で、JR梅田貨物駅跡地17㌶。同跡地の更地化工事は13~14年度の2カ年で行う。

 うめきたの繁華街に隣接する広大なエリアが2年もの間、工事で閉鎖されることに対して、
橋下徹大阪市長は「貨物駅跡のレールの上でビアガーデンをやってみたい」として工事期間中に跡地の一部暫定利用を鉄道・運輸機構に要望。可否も含め利用方法に注目が集まりそうだ。

 また、更地化後、土地の細分化を回避するため、公的セクターが一時的に取得する課題については、
UR都市機構の大西誠西日本支社長が第3回大阪駅周辺地域部会で「国から指示があれば検討する」という姿勢を示しており、URによる土地取得への道筋が見えてきた。

 まちづくりのマスタープランについては、本年度に対話型のコンペを実施し、民間提案を募集。
大まかな方向性を固め、15年度以降に基盤整備の完了した部分から別途、民間事業者を募集し、段階的に開発を進める。

返信する
福島区民

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
うめきた「実験の街」 キタい沸騰

http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20130329-OYO1T00900.htm

 大阪市北区のJR大阪駅北側の再開発地区「うめきた」の先行開発区域「グランフロント大阪」の建設工事が29日、完了する。大阪の玄関口に4月26日に誕生する7ヘクタールもある「新しい街」は商業施設、ホテル、マンション、研究施設、オフィスと多彩な顔を持つ。にぎわいを生み出す斬新な仕掛けがちりばめられた実験の街でもある。

午前4時まで

 高さ180~154メートルの超高層ビル4棟のうち、3棟にまたがる商業施設「ショップ&レストラン」は、店舗面積4万4000平方メートルと、都心部の専門店街としては国内最大級だ。

 全266店の3割にあたる77店は飲食店で、うち15店は午前4時まで営業する「眠らない街」となる。運営する阪急電鉄は「大人の新しい『たまり場』になれば」と期待する。

 日本初上陸のインテリア店「ZARA HOME(ザラ・ホーム)」など日本初出店が3店、関西初出店が72店入る。「紀伊国屋書店」「無印良品」もJR大阪駅や阪急梅田駅の店を維持したまま出店する。

次世代店舗

 次世代型の店舗もお目見えする。知的創造拠点「ナレッジキャピタル」内の「フューチャーライフショールーム」は最新技術を体感しながら、買い物や飲食が楽しめる施設だ。クロマグロの完全養殖に世界で初めて成功した近畿大が出店する養殖魚の専門料理店や、植物工場を併設した日本サブウェイのサンドイッチ店などが入る。

 6月には高級ホテル「インターコンチネンタルホテル大阪」も開業する。関西で初めて長期滞在者向けの「サービスレジデンス」を設ける。

 ホテル北隣にあるマンションは8月に入居が始まる。エントランスや住戸は高級ホテルのようなしつらえで最高価格4億1500万円、63戸が1億円以上と「超高額物件」ながら2月までに525戸が完売した。

歩道にカフェ

 グランフロント大阪では、数々の実験的な取り組みが用意されている。

 ナレッジキャピタルには会員制サロンなどを設け、大学や企業の研究者らが日常的に交流する機会を増やす。「うめきた発」の先端技術や商品開発につなげる狙いだ。国の「関西イノベーション国際戦略総合特区」の拠点にも指定されており、産学官が連携して技術革新を後押しする。

 大阪大やパナソニックなど75の大学・企業の入居が決まっているほか、ベンチャー企業や個人の参画申し込みも相次いでいる。

 開発主体の三菱地所、阪急電鉄、オリックス不動産など12社の企業連合が、建設にとどまらず、街の運営にもあたる。大阪駅に近い「うめきた広場」などで連日イベントを開き、全国2例目の公道上のオープンカフェも設置する。巡回バスや貸自転車も用意、巨大な街の中の移動を手助けする。

 ビルだけでなく区域全体を管理する「エリアマネジメント」と呼ばれる新しい手法で、今後のまちづくりに欠かせないとして注目を集めている。

(2013年3月29日 読売新聞)

返信する
毘沙門池

SECRET: 0
PASS: 20125a89cb7d993dbcfffc328d0aef4a
こんにちは。
いつも楽しいPOSTありがとうございます。
いよいようめきたOPENなんですね!!
帰阪の楽しみが増えました。
1枚目の写真、北ヤードのカマボコ板ですが
真っ白にペイントできないですかね?
壊すにしても大阪駅から丸見えでちょっとみっともないですね。

返信する
大阪淀屋

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
いつもタイムリーに素晴らしい写真を見せていただき感謝しています。
素晴らしい広場です。一見するとアメリカ村の三角公園に似ていて、イベントにも使え、ただの広場にも使え、使い勝手の良い広場
でいて、時代の象徴的なイメージもつくっている。20世紀の中央集権日本の象徴として昭和41年完成の新宿駅西口広場なら、
大阪駅北口広場はまさに21世紀の地方主権日本の象徴であり、大阪のイメージが一新される広場である。
それを強く実感するために、早く二期を完成をしてほしいというのが切実な願いである。。

返信する
在阪高生

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
ロングさん、いつもながら記事更新お疲れ様です。

グランフロントもいよいよ完成間近ですね。工事現場の方々のたゆまぬ努力の賜物でしょう。
オーバーストアが取り沙汰される梅田ですが、大々的な広告で全国から人を集めることも大阪のポテンシャルを考えれば不可能ではないはず。

いずれにせよ、この再開発が大阪に新たな旋風を巻き起こしてくれたらと思います。

返信する
かみ

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
こんばんは。
いつも凄い画像ですけど、今回のも凄いです!
うめきた広場からグランフロントをこの目線で見たのは初めてですが
とても良い感じになってますね。
街開きが待ち遠しいです。
先行地区が大成功を収めて2期開発に弾みが付く事を期待したいです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。