近鉄初となる4K対応70V型デジタルサイネージ「近鉄なんばアーバンビジョン」のテスト放映がスタート!

th_P_20170224_231501.jpg



先日、近鉄・⼤阪難波駅東改札内外コンコースに 4Kデジタルサイネージ 近鉄なんばアーバンビジョン』の設置工事が行われています、とお伝えしました、ついにサイネージモニタが設置され試験放映がはじまりました!













th_001_201702162315183b8.jpg


デジタルサイネージの設置場所はこちら。近鉄⼤阪難波駅東改札内外コンコースの柱6本に4K70V型のデジタルサイネージ23⾯が設置されます。 駅利⽤者に加え、改札外を⾏き来する通⾏者にも訴求することが可能です。














th_P_20170224_231250.jpg


試験放映の様子です。時折天気予報なども表示されていました。














th_P_20170224_231335.jpg



アップで見た様子です。4kモニタは確かに高精細、高画質なのですが、4K対応のコンテンツをクライアント側が用意するのが大変です。













th_P_20170224_231438.jpg


神戸三宮方面行きホームを上がった所にもサイネージモニタが設置されています。













th_P_20170224_231449.jpg


改札内部から外部にかけてズラリとならんだ、「近鉄なんばアーバンビジョン」の様子です。













th_P_20170224_231536.jpg



テスト放映が始まった「近鉄なんばアーバンビジョン」。サイネージモニタが点灯した事で、近鉄大阪難波駅が一気に華やいだ雰囲気になりました!
関連記事




[ 2017/02/26 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/4126-62ea55db