北海道新幹線の車両はJR東日本のE5系をベースにした「H5系」、グランクラスも連結

 th_001_201404161855462a3.jpg


JR北海道は4月16日付のプレスリリースで、2015年度末に新青森〜新函館(仮称)間が開業する北海道新幹線用の新型車両「H5系」を40両(10両編成4本)製作すると発表しました。H5系はJR東日本のE5系と基本仕様を同じとする新型車両です。H5系は東北新幹線との直通運転を行うため、外観や基本的な仕様は東北新幹線「はやぶさ」などで使用されているE5系とほとんど同じです。ただ、帯の色はライラックやルピナス、ラベンダーなどを思わせる紫色の「彩香パープル」となります。










th_002_20140416185546d00.jpg

新幹線の最上級グレード「グランクラス」。1+2の座席配置。床面のデザインは北海道オリジナルを採用。


H5系の定員や座席種別の構成などもE5系とほぼ同じで、1~8号車が普通車(定員658人)、9号車がグリーン車(55人)、10号車がグランクラス(18人)となっています。全車にフルアクティブサスペンションと車体傾斜装置を搭載するほか、グランクラス全席とグリーン車の全席、普通車の窓側座席・客室端部に電源コンセントが設置されます。










th_003_20140416185549e55.jpg
グリーン車は2+2の座席配置。


グリーン車の様子です。妻面や荷棚が木目調になっており、落ち着いた色調となっています。










th_004_2014041618554839a.jpg
普通車は3+2の座席配置となっています。こちらの床面のデザインも北海道オリジナル。


北海道新幹線は2015年度末、津軽海峡部を青函トンネルでくぐる新青森~新函館(仮称)間が部分開業する予定です。H5系の営業最高速度は320km/hで、北海道新幹線区間は260km/hとなります。また、在来線(海峡線)と線路を共用する青函トンネル部は当面140km/hでの運行となります。
関連記事
[ 2014/04/17 00:00 ] 鉄道 電車 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2406-afd9775f