関西空港の2017年冬期スケジュールは過去最高に、国際定期便は週1,362便を記録!LCCの増便が続き好調を維持。

th_001_20171024223336ad2.jpg



関西エアポート株式会社は2017 1024日に、関西国際空港の2017年冬期の運行スケジュールを発表しました。それによると、同空港の国際定期便の2017年冬期スケジュールは過去最高となる1,362便/週を記録し過去最高を見込んでいるとの事です。この数値は、2016 年冬期スケジュールに比べ週 114 便増加しており、2017年夏期スケジュールに比べ週 58 便増加しています。また、国際旅客便数は週 1,220 便で開港来初めて 1,200 便を超え過去最高、国際貨物便数は週 142 便で冬期スケジュールとして過去 6 番目の便数となりました。










th_002_201710242233389d4.jpg 


国際旅客便は、中長距離路線では、昨年の冬期スケジュールに運航を再開したニュージーラ ンド航空(NZ)のオークランド線が今年も週 3 便で運航するのに加え、12 月からカンタス航空(QF)のシドニー線が 10 年ぶりに週 3 便で運航を開始します。また、同じく12 月から、シンガポールの LCC あるスクート(TR)がホノルル線を週 4 便、シンガポール線を週 4 便運航します。いずれも関西空港 からの直行便で、ホノルルへの乗り入れはスクート初となります。このほか、東南アジア方面では、9 月から運航を開始したジェットスター・パシフィック航空(BL)が、冬期スケジュールにおいても引き続 きハノイ線を週 4 便、ダナン線を週 4 便運航するのに加え、タイ・エアアジア X(XJ)のバンコク(ドン ムアン)線も 12 月から1日1便増便し、週 14 便のダブルデイリー運航となります。これらにより、 東南アジア方面は週 159 便(2016 冬期比:+20 便)となります。












th_IMG_7516.jpg


短距離路線では、韓国方面において引き続き増便が続いており、9月からエアソウル(RS)が新規就航し、ソウル(仁川)線を週14 便で運航しているのをはじめ、12 月からジンエアー(LJ)がソウル(仁 川)線をさらに増便し 1  4 便運航となります。また、中国方面では、深圳航空(ZH)や中国南方航空 (CZ)などが増便する予定であり、これらにより、韓国方面は週 353 便(2016 冬期比:+72 便)、中国方面は週 339 便(2016 冬期比:+9 便)となります。 


国際貨物便については、ルフトハンザ・カーゴ(LH) 2018  1 月から、フランクフルトに週 2 便 で運航を開始します。ルフトハンザ・カーゴの就航は 2014  3 月以来およそ 4 年ぶりとなります。 
















th_IMG_7495.jpg
 


関西空港の国際旅客便における LCC 便数は週 481 便(2016 冬期比:+89 便)となり、国際旅客便のおよそ割が LCC 便数となっております。 また、関西空港の国内旅客便に占める LCC 便数は、 39 便(2016  12 月比+便)となってお り、全体の半数以上が LCC 便数となっています。

関連記事




[ 2017/10/25 00:00 ] その他 空港 | TB(0) | CM(6)

路線復活

http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20171214/3596051.html

“関空とシドニー結ぶ直行便 再開”…9年ぶり、うれしいです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
[ 2017/12/15 00:04 ] [ 編集 ]

2017年1~9月来阪外客数の推移とインバウンド夜間動向調査報告

大阪観光局からプレスリリースが出ています。

2017年1~9月来阪外客数の推移
http://www.osaka-info.jp/jp/press/images/2017%E5%B9%B41~%EF%BC%99%E6%9C%88%E5%A4%96%E5%AE%A2%E6%95%B0.pdf

インバウンド夜間動向調査報告
http://www.osaka-info.jp/jp/press/images/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%90%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89%E5%A4%9C%E9%96%93%E5%8B%95%E5%90%91%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E5%A0%B1%E5%91%8A.pdf
[ 2017/10/25 21:16 ] [ 編集 ]

おはようございます(๑・̑◡・̑๑)

http://www.aviationwire.jp/archives/132414

“関空、第1ターミナルの改修検討 山谷社長「18年3月までに構想示したい」”
[ 2017/10/25 08:35 ] [ 編集 ]

いつも拝見させていただいてます。
増え続ける便数と旅客数には、大変嬉しく思ってますが、関空の滑走路のキャパはまだまだ余裕なんでしょうか?
このまま便数が増え続けると、いつかキャパオーバーになる日が来るのではと少し心配しています。
[ 2017/10/24 23:42 ] [ 編集 ]

こんばんは(^o^)
ここ数年は東アジア方面がメインに増えていましたが、ここに来て東南アジア・オセアニア・ハワイ方面が増えてきていい傾向だと思います(*´∀`*)

北米方面もエア・カナダルージュの通年化、更には本体運航化に期待したい所です。
ヨーロッパ・中東方面は2019年以降のロンドン線就航、2018年以降のターキッシュエアラインズの早期再開が期待できます(*^^*)

いいペースです。この調子で伸びて欲しいですね。
[ 2017/10/24 23:42 ] [ 編集 ]

うれしいです♪( ´▽`)

いい感じで増えてきてるんですね、このペースをこれからも保って欲しいです(╹◡╹)
[ 2017/10/24 23:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/4570-e3e5b3bf