MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

御堂筋線ー本町駅グランドリニューアル工事の最新状況 22.05



大阪メトロは2022年4月7日付けのニュースリリースで、地下鉄9駅のリニューアルデザインを発表しました!対象駅は、御堂筋線の淀屋橋、本町、大国町、天王寺、中央線の大阪港、弁天駅、本町、谷町四丁目、森ノ宮です。

同社は中期経営計画(2018~2024年度)で「地下空間の大規模改革」を掲げており、老朽化した駅の壁・天井の剥離や落下等を防止する安全対策工事に合わせてリニューアルを行い、駅自体を楽しめる空間として提供する取組みを進めています。

2019年3月に約300億円を投じて計15駅を改装する計画を発表し、同年8月に御堂筋線梅田駅・心斎橋駅など5駅の決定デザインを公開、グランドリニューアルが進められてきました。今回発表の9駅が加わり、2025年大阪・関西万博に向けてリニューアルする全駅のデザインが明らかになりました。

【出展元】
安全・安心の追求とワクワクする「地下空間の大規模改革」 9駅のリニューアルデザインが決定しました

 

 

2022年5月の様子


現地の様子です。本格的なグランドリニューアル工事が始める前に、まずは現在の様子を記録したと思い取材してきました!

 

 


グランドリニューアルが発表された御堂筋本町駅ですが、すでに数年前からリニューアルが行われており随分と綺麗になりました。

 

 


ホームドアの設置、特に古めかしかった床材の張り替え、そしてホーム側壁面の美装化が完了しています。

 

 


ちなみに御堂筋本町駅には「シャンデリア」は元からありません。

 

 

 



今回のグランドリニューアルは、これまでコツコツ行われてきた美装化の総仕上げといった感じで、未着手だった柱を中心に照明類が一新される様です。

 

 

 


ホームドアと壁面の様子です。

 

 


グランドリニューアルが行われる本町駅。中津駅や新大阪駅の様な劇的な変化ではありませんが、新時代に相応しい装いになる事を期待したいと思います。

2 COMMENTS

ぽり

ikenoboさん>
照明は南北方向に新たに作るアーチ内に設置(中津駅参照)。柱に付いている冷風塔の形状見直しにより、デジタルサイネージを設置。アーチ部分の広告の方が顧客効果は高いが、今後設置作業員不足が見込まれるため廃止。ダブルアーチ裏は淀屋橋、本町駅ともに耐震および漏水防止のデッキが設置済。広告、蛍光灯跡をスパンドレルで覆ってLEDスポットを設置。
というのが完成予想図からわかります。

ikenobo

照明はどうするんだろう。完成予想図では線路側、ホーム側ともに間接照明ですが、現状は線路側には看板、ホーム側は蛍光灯がむき出しです。広告収入が減るのでこのままなのだろうか。また、完成予想図では一段高い所にスポットライトのようなものがあって、うっすらホーム床面に灯影も確認できるのですが...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です