任天堂がUSJを傘下に持つUniversal Parks & Resortsが任天堂ゲームの世界をテーマパークに導入することで合意!

th_P1190567.jpg


任天堂とユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)を傘下に持つ米Universal Parks & Resorts57日、任天堂ゲームの世界をUniversalのテーマパークに導入することで合意したと発表しました。

任天堂は「マリオ」や「ドンキーコング」といった自社のIP(知的財産)を積極的に活用していく方針を掲げており、今回のユニバーサルP&R社との業務提携は、その一環として実現しました。










th_P1190585.jpg


Universal Parks & Resortsは、大阪のほか、米ハリウッドやオーランド、シンガポールの4箇所でテーマパークを運営しており、北京やモスクワでの展開も計画されています。今回の任天堂との業務提携により、
将来的には、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に任天堂のキャラクター、「マリオ」や「ポケモン」を題材にしたアトラクションもしくは新エリアが設置される可能性があります。

今回の任天堂とユニバーサル社の提携にはとても驚かされました。以前から「ニンテンドーワールド」など同社のテーマパークの建設を想像する事はありましたが、まさかユニバーサル社との業務提携により、現実のモノになるとは・・・任天堂のお膝元のテーマパークと言えるUSJで是非とも実現して欲しい所ですね。
関連記事
[ 2015/05/12 00:01 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(1)

また新たなホテル計画

~【民間】ユニバーサルシティ駅前にホテル複合施設を計画/投資額は108億円/NTT都市開発~

http://constnews.com/?p=12854
[ 2015/05/15 00:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3130-a3529db2