【再都市化ナレッジデータベース】

近鉄日本橋駅でJR東日本情報システム製「駅案内AIサイネージ」の実証実験がスタート!


近鉄は2020年2月28日から4月24日までの間、大阪難波、近鉄日本橋、近鉄奈良、近鉄名古屋、宇治山田、五十鈴川の6駅でAIを活用したデジタルサイネージによる利用客案内システムの実証実験を行っています。

【出展元】
主要駅で AI を活用したお客さま案内デジタルサイネージの実証実験を実施 ~お客さまとともに AI を育てていきます~

 

 


この実証実験では、駅構内や乗換案内、周辺の店舗や観光スポット、おすすめの土産などを音声会話で教えるAIデジタルサイネージとして、ティファナ・ドットコムが開発した「AIさくらさん」と、JR東日本情報システムが開発した4カ国語対応の「駅案内AIサイネージ」の2つが稼働しています。。今回はJR東日本情報システムの「駅案内AIサイネージ」をご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

JR東日本情報システムの「駅案内AIサイネージ」は爽やかなお兄さんが案内してくれます。

 

 

 

 

メインメニューは、駅のスタッフがよく聞かれる内容が6項目表示されていました。音声認識によるコントロールも可能です。

 

 

 

 

飲食店のメニューをタップするとジャンルが出てきました。さらに案内のお兄さんは、実は3D表示でヌルヌル動く事に驚きました!(そこじゃない)

 

 

 

 

取りあえず中華をタップしてみます。

 

 

 

 

周辺の飲食店がズラリと表示されました。禁煙・喫煙やカード利用の可否、WIFIの有無など実用的な内容が表示されています。

 

 

 

 


実証実験が始まった「駅案内AIサイネージ」。新型コロナウイルスの影響でインバウンド客が激減している状況なので、データ収集が上手くいかず仕切り直しになる可能性がありそうです。

2 COMMENTS

三刀流

見出しの「実証事件」を「実証実験」に訂正されたのですね。私の指摘を反映していただいて、ありがとうございました。

三刀流

指でさわるタッチパネルの実証実験は、時期としては最悪ですね。新型コロナウイルスで、この記事の見出しのように「実証事件」です(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です