MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

シエリアタワー大阪福島 (仮称)大阪福島区福島7丁目計画 建設工事の状況 21.10【2024年01月竣工】



シエリアタワー大阪福島 は、関電不動産開発が福島区福島7丁目のあみだ池筋沿いに建設中のタワーマンションです。計画名称は(仮称)大阪福島区福島7丁目計画で、敷地面積1,282.67㎡、地上30階、軒高98.69m、延床面積17,106.01㎡、総個数157戸の規模となります。

【出展元】
シエリアタワー大阪福島

 

 

計画概要



計画名称(仮称)大阪福島区福島7丁目計画
所在地大阪府大阪市福島七丁目18番1
交通
階数地上30階、塔屋1階、地下0階
高さ98.69m ※軒高
構造鉄筋コンクリート造
杭・基礎
主用途共同住宅
総戸数157戸
敷地面積1,282.67㎡
建築面積696.09㎡
延床面積17,106.01㎡
容積対象面積11,525.74㎡
建築主関電不動産開発
設計者(株)都市建
施工者梶田工務店
着工2021年02月上旬(予定)
竣工2024年01月下旬(予定)
入居
備考タワーマンションが林立する大阪福島区に浮上した新たなタワーマンション計画。関電不動産開発が福島7丁目のあみだ池筋沿いに建設する。
 

 

 

建築計画のお知らせに掲載されていた立面図です。

 

 

 

同じく配置図です。

 

 

2021年10月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2021年8月だったので、約2ヶ月振りの取材です。

 

 

 


南東側から見た様子です。タワークレーン1機が稼働していました。

 

 

 


西がから見た様子です。既存のシティータワー西梅田との位置関係はこんな感じです。

 

 

 


仮囲いの外に植栽のサンプルがありました。デザインを事前に確認する「モックアップ」的なものでしょうか・・・?結構珍しいかもしれません。

 

 


最後は北西側から見た様子です。

 

 

2021年8月の様子

 


現地の様子です。前回の撮影が2021年2月だったので、約6ヶ月振りの取材です。

 


南西側から見た様子です。ちょうど1機目のタワークレーンを構築している所でした。

 


タワークレーンをアップで見た様子です。

 


最後は北西側から見た様子です。

 

 

2021年2月の様子


現地の様子です。前回の撮影が計画が持ち上がった2020年8月だったので、約6ヶ月振りの取材です。

 

 

 


取材時には本格着工に向けた準備工事が行われていました。

 

 

 


南東側から見た様子です。

 

 

 

 


南西側から見た様子です。

 

 


最後は北西側から見た様子です。

 

 

 

2020年8月の様子

南側から見た様子です。

 

 

 

北東側から見た様子です。

 

 

 

最後は北西側から見た様子です。

3 COMMENTS

福島区民

掲載ありがとうございます。
正式名称はシエリアタワー大阪福島で決まりのようですね。

記事とは無関係ですが、地下鉄梅田南改札から阪神梅田西口第2改札の間の地下通路が移設されております。

アリー my dear

昨日朝の建設ニュースの記事にあった現場って、ここだったんですね!
ありがとうございます(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です