近鉄奈良駅前・行基広場に「大屋根」が登場!

 th_IMG_1979.jpg


近鉄奈良駅前の行基広場にガラス製の大屋根が登場しました。奈良県が駅前の環境改善を目的に2012年11月から設置工事を行い、2013年5月30日に完成しました。

【過去記事】近鉄奈良駅リニューアル








th_IMG_1994.jpg 


アーチ状のガラス屋根は高さは約11m。











th_IMG_2002.jpg


大屋根のガラスは透明度が高く開放感抜群。採光性に優れているので薄暗い印象は皆無です。













th_IMG_1999.jpg 


大屋根を支える柱は大仏殿の柱をイメージしており、奈良県産のヒノキで化粧されています。外来者に対する解りやすいアイコンですね。











th_IMG_1986.jpg


奈良市の待ち合わせのメッカ、行基の噴水の様子です。










th_IMG_2007.jpg



最後は近鉄奈良駅側から行基広場を見通したアングルです。今回設置された大屋根は、それほど大きな屋根ではありませんが、駅前広場のイメージは大きく変わり、新しくなった印象を持ちました。
関連記事
[ 2014/04/17 00:00 ] 近畿 奈良 | TB(0) | CM(3)

梅田の東通りと
奈良の東向き通り
よく、こんがらがります。
[ 2014/04/17 23:01 ] [ 編集 ]

屋根というと薄暗くなりそうなイメージがありますが、全然明るくて良いじゃないですか!
偶然でしょうが写真に托鉢僧が何人か写りこんでるのもいかにも古都というイメージ通りですね。
[ 2014/04/17 21:11 ] [ 編集 ]

奈良の待ち合わせスポットといえば行基前ですね
反対運動もあったみたいですけど,僕は屋根付けてよかったと思います
夜のライトアップもきれいですよ
[ 2014/04/17 11:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2407-807c8335