JR天王寺駅東口改札に大型デジタルサイネージが登場!タッチ式のinformationモニタも併設

th_003_201510170000132ee.jpg


JR西日本グループ中期経営計画2017(アップデート)内でリニューアル計画が示唆されているJR天王寺駅東口で小変化が見られました。東口改札を出た所に大型のデジタルサイネージがいきなり登場しているではありませんか!普段何気なく利用している東口ですが、モニタが点灯を初めてその存在に初めて気づき、驚きました。モニタは65インチ程度のサイネージ3面+両サイドにタッチパネル機能付きのモニタ2面、合計5面の構成となっています。








th_002_20151017000014c80.jpg


インタラクティブな案内板です。時刻表、路線図、駅構内図などをタッチして表示させる事が出来ます。昨今からの爆発的な外国人旅行客の増加から、メニューや案内表示のマルチリンガル対応の需要が高まっています。飲食店やホテルなどでは、デジタルサイネージを用いてマルチリンガル対応している所も出てきています。このinformationボードも、近い将来、おそらくマルチリンガル対応になり、不慣れな外国人旅行客の強い味方になると思います。











th_001_20151017000011969.jpg




右側のトップメニューは路線毎の時刻表となっていました。
JR西日本がアーバンネットワークエリアに導入した路線記号が未表示なのは全く理解できませんが、これはソフトのアップデートで徐々に改善されて行くのでしょう。

天王寺駅東口の変化はまだ、小さいですが、こういった細かなブラッシュアップは各所で行われています。JR西日本は新幹線や大阪駅への大型投資が一段落したので、在来線駅施設や車両に対して積極的な設備投資を始めている印象がさらに強くなりました。


関連記事
[ 2015/10/17 00:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(1)

えっ!?こういうものが登場してたんですか?

先日天王寺へ出かけましたけど、これは知りませんでした・・・もっとも私はその時、改札も含め東口側には行ってないからなのでしょうが(^^;)

JR西日本もほんと最近力が入ってますね。大阪駅の連絡橋改札口を出てサウスゲートビル側に、訪日外国人向けのサービスを提供する施設が今月に開設されたばかりですが、これは良いですよ。今後はおそらく、京阪神他の主要駅でも順次設置されてゆくのでしょうね、けっこうなことです。
[ 2015/10/17 00:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3369-32d8d7ad