阪神本線-住吉・芦屋間連続立体交差事業-青木駅 16.01 (ホーム・軌道)

 th_IMG_0977_201601171431546a0.jpg



阪神電鉄 住吉・芦屋間連続立体交差事業は、 阪神電鉄の住吉駅から芦屋市境まで の約4kmの区間を連続的に高架化し、交差道路や側道の整備を行い、踏切の解消 と都市環境の改善を図る連続立体化事業です。この区間の高架化が完成すると11カ所の踏切が除却され、33カ所の交差道路で南北に分断されていた市街地が 一体化されます。この工事に伴い「青木駅」と「深江駅」の2駅が高架化されますが、今回は青木駅ご紹介します。こちらは現地に掲示されていた完成イメージパースです。青木駅は2面4線の立派な高架駅に生まれ変わる予定です。


阪神本線の住吉・芦屋間連続立体交差事業は、2006年11月に事業に着手、2011年04月から下り線(三宮方面行き)の高架工事が行われてきましたが、
2015年12月12日の始発列車から、魚崎駅~芦屋駅間の下り線が、高架に切り替えられました!



【過去記事】
阪神本線-鳴尾工区連続立体交差事業-鳴尾駅 15.06 (地上施設)
阪神本線-鳴尾工区連続立体交差事業-鳴尾駅 15.06 (ホーム・軌道)
阪神本線-住吉・芦屋間連続立体交差事業-深江駅 15.06

阪神本線-鳴尾工区連続立体交差事業-鳴尾駅 11.03
→阪神電鉄 住吉・芦屋間連続立体交差事業-青木駅 11.03
→阪神電鉄 住吉・芦屋間連続立体交差事業-深江駅 11.03














th_IMG_0971_20160117143153757.jpg


今回はホーム階と軌道の様子をご紹介して行きます。

















th_IMG_0946_20160117143152213.jpg



発車標は無く、近接案内と簡単な情報を流すLED表示器が設置されています。















th_IMG_0950_20160117143151bb1.jpg


ホーム階と改札階を結ぶ階段の様子です。
















th_IMG_0954_20160117143149b56.jpg



階段を見通した様子です。

















th_IMG_0957_2016011714362610b.jpg



駅名票、エスカレータの様子です。














th_IMG_0948_20160117143624748.jpg


一部の駅名票はインフォメーションボードとセットとなっています。















th_IMG_0963_20160117143623822.jpg


エレベーター付近の様子です。

















th_IMG_0966.jpg


エレベーターの様子です。
















th_IMG_0968_20160117143621e12.jpg


待合室の様子です。
















th_IMG_0944_20160117143647874.jpg



ホーム端には風よけを兼ねた広告パネルが設置されています。














th_IMG_0983.jpg


青木駅は日中は普通電車のみが停車する駅ですが、かなりの規模があります。












th_IMG_0974_20160117143651161.jpg


梅田方面の軌道の様子です。












th_IMG_0937_201601171437424cf.jpg


最後は、三宮駅方面の様子です。
関連記事
[ 2016/01/22 00:00 ] 鉄道 高架化 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3525-5e425660