新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

NYタイムズの「2019年に行くべき52ヶ所」で瀬戸内の島々が7位にランクイン!

アメリカの有力紙、NYタイムズが選ぶ「2019年に行くべき52ヶ所」で、日本から唯一「瀬戸内の島々」が選ばれ、7位にランクインしました。「芸術と自然が調和する場所」として紹介され、海外からの注目が高まることが期待されます。「瀬戸内の島々」は「芸術と自然が調和する場所」として紹介され、ことし行くべき理由として、瀬戸内海の島々などを舞台に3年に1度開かれる現代アートの祭典、「瀬戸内国際芸術祭」が4月に開幕することや、改修が進められていた広島市の原爆資料館が4月にリニューアルオープンすることなどを挙げています。

また、美しい景色を自転車で楽しむことができるサイクリングロードや、2017年に就航した小型豪華客船「ガンツウ」など、旅行者の移動手段も充実していると評価しています。

 


 

 

 

 

 

 


ちになみに、「2019年に行くべき52ヶ所」の1位はアメリカの自治領プエルトリコ、2位はインド南部のハンピ、3位は米国カリフォルニア州・サンタバーバラ、4位:パナマ、5位:ミュンヘン、6位:イスラエル・エイラトとなっており、日本からは唯一、「瀬戸内の島々」が7位にランクインしました。

 

 

 

 

 

 

 



読者の方がコメントに書かれていましたが、大阪IRを「瀬戸内クルージングの拠点」にするも面白いと思います。関西空港から入国した外国人観光客がIRを訪れる。同じ夢洲には多数の瀬戸内クルーズ船が就航しており、風光明媚な瀬戸内の島々を巡る旅の拠点となっている・・・。考えただけでもワクワクしてきます!

8 COMMENTS

神奈川県人

瀬戸内海を船で巡って海の景色を見たり、海の幸を食べたり最高じゃないですか。
三刀流様に送って頂きましたツイート写真に有ります様に国営でやる事でも兵庫県や国の力の入れ方も
本気度が伝わってきます。3つの企画は訪れる旅行者に感動と良い思い出を与えてまた来たいと思うはずです。
神奈川県に住んでいる僕でも瀬戸内や淡路島は温暖で景色の良い素晴らしい場所だと思っております。
確か、建築家の安藤忠雄先生や磯崎新先生の建築した素晴らしい建物もあるかと記憶しております。

アリー my dear

淡路島も、もっと活性化してほしいと願ってます。

三刀流

まずは対岸の淡路島に期待です。「国営公園」の整備が進みそうです。大阪湾が一大リゾートの海になろうとしています。

サジャ

夢洲を拠点にして多方面にクルージングできるようになると楽しいですね。
IR企業の提示した完成イラストには船と船着き場が描かれてていますよね。
既に盛り込み済みかな。すると瀬戸内海に面した地域も大いに活性化しそうですね。

匿名

東京が、一極集中で大発展しても日本全体が衰退して経済波及効果は乏しいと思いますが、大阪は昔から日本経済の中心、大阪の復活こそが、日本経済の真の再興であり、その起爆剤がIRですので視野を広げて色んな可能性に挑戦して欲しい!

匿名

大阪夢洲IRがクルージングの西日本の拠点港となれば、西日本全体が発展する。
瀬戸内クルーズ、淡路島・鳴門クルーズ、太平洋釣行クルーズ、USJテーマパーククルーズ船に、中国や韓国、世界からのクルーズ船の受け入れもできる。
瀬戸内海の自然だけでなく、更にブラッシュアップすれば瀬戸内全体が世界的な観光地になれる。

アリー my dear

これもまたうれしいニュースですよね(๑˃̵ᴗ˂̵)!瀬戸内海の風景は、たしかに日本で随一と言っても良いくらいに風光明媚な海の景色が堪能できます。
夢洲IRとの観光連携、大いに期待したいなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です