MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

金沢市民サッカー場再整備計画は1万席、北陸初の Jリーグ規格フットボールスタジアム!


金沢市は城北市民運動公園内に新市民サッカースタジアムを計画しています。新市民サッカー場は天然芝のフィールドで、スタンドは現在の3千人から1万人収容に増設され、観客席には全体を覆う屋根を取り付けます。設計者は新国立競技場、金沢プールなどを手掛ける梓設計で、建設工事費は約75億円、2023年度の供用開始を目指しています。

【出展元】
金沢城北市民運動公園金沢市民サッカー場再整備工事基本設計業務に係る公募型プロポーザルの選考結果について
梓設計>北陸初! Jリーグ規格フットボールスタジアム。

 

 

新サッカースタジアムの計画地は、金沢市磯部町の城北市民運動公園内、金沢市民サッカー場の南側です。敷地面積は約31,000㎡ 、容積率は200% 、建築面積約19,000㎡。計画に伴い、整備計画の区画内にある本田圭佑クライフコート及びジュニアスポーツコートは同公園内に移設される予定です。

 

 

 

 



サッカー場南側のエントランスゾーンにはサポーターを迎え入れる、象徴的な「ウェルカムゲート」を設け、おもてなしイベントなどが開催できる屋根付きの多目的スペースを整備。試合が無い日も市民に開放され、エリア全体のにぎわい創出につなげます。通路下の空間はイベントなどを開催できる多目的エリアとなります。

 

 

 


新スタジアムの客席は、椅子席が8000席と立ち見席2000席の計1万席。石川県全県をホームタウンとするツエーゲン金沢がJ2からJ1に昇格しJ1スタジアム基準が必要となった場合に、15,000人収容スタンドへ増築できる可変性のある計画となっています。ツエーゲン金沢は新スタジアムの増設が必要になる様に頑張って欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YouTube
Twitter
SHARE