【再都市化ナレッジデータベース】

2016年に廃線された梅小路短絡線(山陰連絡線)が屋根付き歩道として再生!「梅小路ハイライン」も計画中


梅小路短絡線は、梅小路駅(京都貨物駅)~丹波口駅間を結んでいた2.3kmほどの路線です。梅小路京都西駅設置の支障となるため、2016228日に廃止されました。

 

 


廃止された梅小路短絡線はJR西日本から京都市に無償譲渡され、屋根付きの歩道橋として再整備が行われました。

 

 

 



歩道橋は、新駅から七条通りを超え、「ホテル エミオン 京都」が入居する京都市中央卸売市場第一市場「賑わいゾーン」エリアまで繋がっています。

 

 


屋根付きの歩道橋に生まれ変わった廃線跡の様子です。

 

 

 


架線柱の跡地には簡易ベンチが設置されています。

 

 

 


所々に線路だった頃の記憶をとどめる遺構が残っています。

 

 

 


路面の様子です。

 

 

 


梅小路短絡線(山陰連絡線)を活用し、梅小路エリアの新名所として新たなにぎわいを創出するため、短絡線の廃線跡地の一部を整備し、週末ごとにテーマを定めた飲食・物販などの屋台を活用した実証実験「梅小路ハイライン」計画が行われる予定でしたが、コロナ禍の影響をうけ中断しています。

 

「梅小路ハイライン」計画始動。短絡線の廃線跡地で屋台イベントを実施!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です