MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

大阪梅田ツインタワーズ・サウス建設工事の状況 21.05


2021年1月の様子

 


現地の様子です。前回の撮影が2020年12月だったので、約1ヶ月振りの取材です。

 

 

 

 


北東側から見た様子です。成長速度が早く凄いスピードで工事が進んでいます。

 

 

 

 


真正面から見た様子です。そろそろ横アングルでは収まらない所まで育ちました。

 

 

 

 


北西側から見た様子です。

 

 

 

 


サウスゲートビルから見た様子です。4機のタワークレーンがマストクライミングしていました。

 

 

 

 


「可動式落下防護柵」がさらにリフトアップしていました。まだまだ上に伸びます。

 

 

 

 


南西側から見た様子です。

 

 

 

 


久しぶりの『イナバウアー・ショット』。新しいビルの谷間スポットが出来ました。

 

 

 

 


最後は周辺の高層ビルを絡めたアングルです。

 

 

 

 

2020年12月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2020年11月だったので、約1ヶ月振りの取材です。

 

 

 

 


高層部の様子です。低層部に比べると成長がメチャクチャ速く、かなり高くなってきました。

 

 

 

 

 


真正面(北側)から見た様子です。高層部の「可動式落下防護柵」がさらにリフトアップしていました。

 

 

 


北西側から見た様子です。北西角は縦のラインを強調する「マリオン」が低層部まで降りてくるのでビルの高さが一番強調される角度になります。

 

 

 


南西側から見た様子です。

 

 

 

 


梅田阪急ビルとの並びです。全く異なるデザインですが、新ビルの完成後には梅田阪急ビル名称が変更され、大阪梅田ツインタワーズ「ノース」「サウス」の名称でツインタワーを名乗る事になります。

 

 

 

 


最後は南東側から見た様子です。可動式防護柵と共にタワークレーンのマストがクライミングしていました!

 

2020年11月の様子

 


現地の様子です。前回の撮影が2020年10月だったので、約1ヶ月振りの取材です。

 

 

 


前回と比べると低層部の装飾パネルの取り付けがさらに進んだほか、超高層になるオフィス部分が少し高くなりました。

 

 

 


真正面から見た様子です。

 

 

 


北西側から見た様子です。すでに遠近感がおかしくなるほどのヴォリューム感があります。

 

 


縦アングルで見るとこんな感じです。このヴォリュームで地上189mまで伸びるのか・・・。ヤバイですね。

 

 

 

 


南西側から見た様子です。オフィス部分の外装を彩る「マリオン」がチラ見しています。

 

 

 


南側壁面の見上です。

 

 


撮影ポイントを変えて、梅田阪急ビルから見た様子です。

 

 

 


オフィス部分のアップです。

 

 

 


最後はサウスゲートビルと絡めたアングルです。昔は巨大に感じたサウスゲートビルですが、大阪梅田ツインタワーズ・サウスと比べると小さく感じますね・・・!

 

 

1 2 3 4 5 6

16 COMMENTS

アリー my dear

ついに最高部まで到達しましたね。タワークレーンも2機に減って、最後の仕上げの段階(^_^)

アリー my dear

おはようございます。
いよいよ最高部到達が目前ですね。巨大でカッコいいビルが仕上がりつつあります(^_^)

三刀流

オフィスには東洋紡、ダイキン工業、コンピューターマネージメントの各本社が入居するようです。すでに、かなりの部分が埋まっているようですね。
ただ、これらは大阪市内からの移転です。中之島のフェスティバルタワーウエストに移転した帝人本社のように跡地がマンションになって都心の経済活動地域の面積が縮小するだけです。堂島の東洋紡本社跡地もそうなる可能性が高いです。大阪全体から見たら、プラスは多くありません。
できれば、日本に初進出する海外の企業とか、首都圏に本社を構える企業がきてほしいです。コロナで東京脱出を考えている企業がたくさんあると伝えられています。その受け皿として、このビルはこれ以上好条件のオフィスはないと思います。
今後、御堂筋やうめきた二期の再開発で大量に供給されるオフィスを含めて、大阪に転入する企業を迎え入れるように行政なども取り組んでほしいです。

通りすがり

北西角の「この部分」がお気に入りです。

(≧∀≦)ゞ 分かる~!!!

ぽり

地下道の進捗により1番線神戸方面の仮囲いが開いたり閉まったりしているようです。

サジャ

確かにでっかいですねぇ。
デザインのせいか物凄く膨張して見えるのですが。(良く言えば存在感?)
前にある阪急百貨店は白いタワー部分は目立ちますが、逆にその部分だけに目が行き下の百貨店部分の色が抑えられているので小さく見えるんですね。
阪神・・目がパシパシするような・・・・壁。

三刀流

長堀通りにコワーキングオフィスのビルがオープンしました。http://www.iza.ne.jp/kiji/pressrelease/news/210112/prl21011217150597-n1
オフィスデザインを手がけるヴィスの地上9階建てのです。賃貸オフィス・シェアオフィス・コワーキングオフィスだそうです。

アリー my dear

北西側のシートが徐々にとれてきて、着実にその姿が露になり、いい感じで工事も進んでますね(^_^)

アリー my dear

ゴリモンさんのTwitterで見たのですが、阪神百貨店が営業中の一期部分に設置されていたタワークレーンが解体されてますね!

三刀流

動画が素晴らしいです。歩き撮りしたら画面が上下動するのですが、それがほとんどなく、安定した画面になっています。撮影技術の高さをうかがえます。現場と完成図をまじえた編集もよく、ニュース映像を見ているようです。
これからも阪神ビルなどビッグプロジェクトの建設状況を動画で伝えてください。楽しみにしています。

ぷんぷい

一時期ダブルデッキエレベーターが話題になっていましたが、近畿のビルには採用されないんですかね?

まぁ、実際は使いにくそうですけどね。

ぽり

2期部分の壁面開口部が変更されたようですね。
2期部分中央壁面寄りに4連エスカレーターが設置される図面が国交省に掲出されていましたが、1期竣工直後に変更届けを提出され結果が公開されていないので、どうなるんでしょう。
コロナ禍でオフィスエリアの共有部などを少し見直すとの報道もあり、ウェストゲートビルのコロナ対策で計画変更と合わせてどうなるか気になりますね。

谷町百丁目

既にかなり迫力がありますね。完成すればこれの3倍ぐらいの高さになるわけで、おまけにその頃には梅田三丁目計画が伸びてきていると考えると相当景色が変わりそうです。

アリー my dear

本当に成長が早くて驚いてます!
現在の10階・機械室のフロアの構築が完了すれば、次はいよいよオフィスフロアの高層階ですね(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です