【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

『Power Base』パワーエックスが岡山県玉野市に日本最大級の蓄電池組立工場を建設!世界的建築家、妹島和世氏が設計

洋上風力発電所でつくった電気を運ぶ電気運搬船を開発するスタートアップ、パワーエックスは2022623日付けのニュースリリースで、岡山県玉野市に日本最大級の蓄電池組立工場「Power Base」を新設すると発表しました!2023年からテスト生産を行い、2024年春からEV急速充電器、定置用蓄電池等製品の出荷を開始する予定です。

次世代エネルギーの大量導入に不可欠となる蓄電池製品を生産する「Power Base」の敷地面積は、約28,272㎡で、工場の年間生産能力は最大5ギガワット時(GWh)となり、年間約一万台分の蓄電池製品に相当し、日本では最大規模になるとの事です。


【出展元】
Power Base – GW Scale Battery Assembly Plant in Japan
自然エネルギーの爆発的な普及を実現する「株式会社パワーエックス」岡山県玉野市に日本最大級の蓄電池組立工場「Power Base」を新設2023年にテスト生産、2024年春より製品出荷開始

 

世界的建築家、妹島和世氏が設計

敷地内に設置。人材採用においては、エンジニアやオペレーター、技術者など、数年計画で百数人の雇用創出が見込まれます。工場の建築は、ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展金獅子賞を受賞した「金沢21世紀美術館」、ルーヴル美術館の別館「ルーヴル・ランス」、犬島「家プロジェクト」等、国内外に様々な建築物を手掛ける世界的建築家、妹島和世氏が設計します。

上記3プロジェクトはSANAA(サナア)として参画

 



建設地となる岡山県玉野市の自然と調和した地域の発展に貢献する斬新な生産拠点を目指します。建設地の岡山県玉野市は瀬戸内海に面した港町であり造船の街です。地震などの災害が少なく、水深の深い宇野港を有し、造船の街としての技術における人材確保が期待できるといいます。建設場所は宇野港からほど近い、運河に面したところだそうです

 

 



パワーエックスは2021年に設立したスタートアップ企業で、蓄電池の開発や蓄電池を搭載した船を造り、洋上風力発電でつくった電力を海上輸送する構想を掲げています。これまで大手の造船会社や電力会社などと提携し、工場の建設や開発にかかる資金を調達してきました。

 

Power Baseプロジェクト概要

 

建設地:岡山県玉野市内
延べ面積:28,272m²
主要設備:蓄電池製品組み立てライン、研究開発センター、オフィスなど
生産規模:5GWh(ギガワット)/ 年間
設計・建設パートナー:妹島和世建築設計事務所、奥村組

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。