【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

【再開発の卵】(仮称)本町4丁目プロジェクトは地上13階建てのホテルを含む計画!大阪第二有楽ビル建替え【2026年7月開業】


大阪第二有楽ビルは、大阪市中央区本町4丁目の御堂筋沿いに所在する地上9階建ての古参のオフィスビルです。竣工は1969年で、相愛学園が所有する土地を大成建設が土地を賃借し、建物を保有しています。

竣工後50年以上が経過し老朽化が進んでいる事から建替えされる事になりました。計画名称は『(仮称)本町4丁目プロジェクト』で、新ビルは地上13階建てで2階〜13階(法規上1階〜12階)をホテルにする計画です。

 

 



現地には建築計画のお知らせは掲示されていませんでしたが、旅館業施設の概要が掲示されており、新ビルにホテルが入居する事が明らかになりました。施設延べ床面積は8241.38㎡、客室数209室、総定員は428名を計画。2022年11月1日に着工し、2026年7月1日にオープンする予定です。建築主は相愛学園、大成建設、ホテルオペレータは未定、設計・施工も未定です。

 

 


出展:GoogleMAP

旅館業施設の概要では,ホテルの営業仕様部分が13階建てのうち、2〜13階(法規上1階〜12階)、建物延べ床面積が45.486.19㎡、施設延べ床面積が8241.38㎡と記載されていました。この建物延べ床面積45.486.19㎡は、大阪第二有楽ビル建替え部分の値にしては大きすぎるので、あくまで推測ですが、建替えが計画されている相愛学園の校舎を含めた全体数値ではないでしょうか?

近々事業者から計画概要が発表されると思いますので続報を待ちたいと思います。

 

 

2022年7月の様子


現地の様子です。既に足場が組まれつつあり解体工事が始まっています。

 

 



東側、真正面から見た様子です。新ビルは地上13階建でなので超高層ビルではありませんが、50m軒線を強調する、御堂筋の景観ガイドラインに準拠したビルになると思われます。

 

 


最後は北東側から見た様子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。