【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

【速報】(仮称)天神1-7計画が始動!「イムズ」跡地の再開発、外装に九州産材のCLTパネルを配置したオーガニックデザインが特徴的!



三菱地所株式会社は、2022年8月30日付けのニュースリリースで、福岡市中央区天神一丁目において計画中の「(仮称)天神1-7計画」に関して「天神ビッグバンボーナス」の認定を受けたと発表、あわせて計画概要を公表しました!

プロジェクトは、情報受発信基地であった「イムズ」跡地の再開発として福岡都心の新たなランドマークになるべく計画されました。

新ビルは、S造、地下SRC造、地上20階建て、高さ約91m、敷地面積約4,640㎡、建築面積約3,930㎡、延べ床面積74,020㎡の規模となり、オフィス、ホテル、店舗、駐車場などで構成された複合ビルになります。建築主は三菱地所、設計は三菱地所設計、施工者は未定。2023年7月に着工し2026年3月に竣工する予定です。

 

【出展元】
→三菱地所>「(仮称)天神1-7計画」始動
~「イムズ」再開発により福岡・天神の新たなランドマークの誕生へ~


 

 

 



ビルの外観は、都市と自然が調和した都市空間の形成を目指し、建物外装に、MEC Industry株式会社が製造する九州産材のCLTのパネルと植栽を有機的に配置した建築デザインとなっています。渡辺通りに面する敷地南西側の建物低層部には、V字柱と吹き抜け空間をつくり、
シンボリックかつランドマーク性の高いデザインを実現しました。

 

 

 



新ビルは環境に配慮した建物計画を目差し、 CLTを使用する事で炭素固定による地球温暖化防止に貢献。 本建物の使用電力を全て再生可能エネルギー由来とします。 建物低層部に豊富な緑量の植栽を施し、自然と共生した都市空間の創出、ヒートアイランド現象の緩和に寄与する計画です。

 

 



ランドスケープデザインは、敷地南側に渡辺通りとふれあい広場をつなぐ約500㎡の地上広場、天神地下街とつながる敷地西側に約300㎡の地下広場を設けます。また、敷地北東側にシンボリックな緑化柱を配した地上広場を整備します。

地上広場と地下広場を円滑につなぐ動線、周辺施設との地下接続通路、建物内地下貫通通路を整備することで、歩行者ネットワークの利便性回遊性の向上を図ります。建物低層部には、植栽と合わせてベンチなどの休憩施設を設け、人々の憩いの空間を創出します。

 

 

フロア構成



 

 

計画概要


 

5 COMMENTS

GNS

IMSの後継ビルという面は無くなってしまうのですね。残念です。

市民ケン

良いですね、このビル。高さ制限があってもこのようなビルを建てれば、魅力的な街の形成は可能だと思います。無個性の高いビルが林立するよりも、個性的なビルの方が私は好きです。高さが欲しいのであれば、いつか高さ制限が解除される時代になった時に、満を持して安全な超高層のランドマークを建てるでも良いのかなと思います。ただ日本が災害が多いので、安全性や持続性を考えたものにして欲しいと思います。

私も同感です。
御堂筋ダイビル建替について、福岡デミオさんのようなコメント書いたら、文句を言う人がいました。

福岡デミオ

手前にある天神愛眼ビルはなぜ再開発に参加しなかったのでしょうか。みなさんいいビルを建てようと頑張っているのに反する状況になっています。もちろん経営の自由なので自社ビルに対して文句を言う立場ではありせんが、、、悔やまれます。

アリー my dear

これは非常にいい感じです♪ 天神エリアがますます進化しますね(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。