ピアッツァホテルJR奈良駅前・ピアッツァコート奈良駅前の状況 15.12

th_002_20151207224852404.jpg


フクダ不動産は2015年11月09日に発表したプレスリリースでJR奈良駅西側の元市有地に、客室数138室のシティホテル「ピアッツァホテルJR奈良駅前」を建設すると発表しました。ホテルは客室数138室(シングル110室、ツイン25室、スイート2室、ハンディキャップルーム1室)で12月上旬に着工し、2017年3月末の完成を予定しています。元市有地にはピアッツァホテルJR奈良駅前のほか、分譲マンション「ピアッツァコート奈良駅前」が建設されます。


【出典元】
フクダ不動産>
プレスリリース(JR奈良駅西側の市有地について)


※最近、仕事が以前にも増して多忙を極め、ほぼ毎日終電で帰宅、毎週1回は会社に寝泊まりする日々が続いています。ついにコールマンの寝袋を買ってしまいました・・・。これで終電を気にせずに仕事に没頭出来ます(笑)

まあ、忙しくて何より、とも言いますので、なんとか更新を続けられる様に最後の体力を振り絞って頑張ります!











th_001_20151207224854e63.jpg


【ピアッツァマンション&ホテルの主な特長】
(1)新築マンションの豊富な分譲実績、大阪でもタワーマンションの分譲実績を持つフクダ不動産によるマンション&ホテルプロジェクト

(2)奈良駅前の活性化と街のシンボルとなる想いのもと、ホテルの外壁にはカーテンウォールを採用し、周辺の環境にも馴染ませながら大胆なファサードを形成

(3)マンション棟の外壁は総タイル貼仕様とし、品格のあるグレー色を採用奈良では珍しい40mの高さ制限を活かした存在感のある外観形成

(4)駅に直結のデッキは屋根となり、雨や夏の日差しから、入居・宿泊される方を守ります

(5)駅前ロータリー側には眺望を楽しめるように、シースルーエレベーターを採用

(6)ホテル棟には、駅から続くペデストリアンデッキにてアクセス可能

(7)ホテル棟の1F・2F・3Fは金融機関をはじめとする商業施設

(8)フクダ不動産の社員が総出で海外の一流ホテルを視察し、様々な感性を得て表現した内装仕様














th_IMG_0469_201512072248582d2.jpg


http://www.fukuda-r.co.jp/

■ホテルプロジェクト

【物件概要】
名称 :ピアッツァホテルJR奈良駅前
所在地:奈良市三条本町1097番地の一部
最寄り駅:
・JR関西本線「奈良」駅へ徒歩1分
・近鉄奈良線「近鉄奈良」駅へ徒歩15分

【建物概要】

建物構造:鉄骨造一部鉄筋コンクリート造、地下1階、地上11階建
高さ:39.9m
用途地域(地域・地区):商業地域
敷地面積:1234.77平方メートル
延床面積:8055.49平方メートル

店舗:
・地下1階 380.93平方メートル
・1階 485.45平方メートル
・2階 511.96平方メートル
・3階 557.40平方メートル

総戸数:138室(シングル110室、ツイン25室、スイート2室、ハンディキャップルーム1室)
設計・監理 :株式会社フクダ不動産 一級建築士事務所
施工:未定
竣工予定:2017年3月末
営業開始予定:未定













th_IMG_0466_20151207224856146.jpg


■新築分譲マンションプロジェクト

【物件概要】

名称:ピアッツァコート奈良駅前
所在地:奈良市三条本町1097番地の一部
最寄り駅:JR関西本線「奈良」駅へ徒歩1分、近鉄奈良線「近鉄奈良」駅へ徒歩15分

【建物概要】
建物構造  : 鉄筋コンクリート造、地上13階建
用途地域(地域・地区): 商業地域
敷地面積  : 1310.19平方メートル
延床面積  : 8655.99平方メートル
総戸数   : 84戸
住戸専有面積: 69.51平方メートル~92.64平方メートル
設計・監理 : 株式会社フクダ不動産 一級建築士事務所
施工    : 株式会社森本組 大阪支店
竣工予定  : 2017年3月初旬
入居予定  : 2017年3月末















th_IMG_0456_20151207224905652.jpg

この土地をめぐっては、紆余曲折があり、市がホテル誘致を目指して20年に東京都の不動産管理会社、株式会社ゼファーに10億円で売却し、マリオットホテルが進出する計画でしたが、同社が経営破綻した為、21年に市が8億円で買い戻し、今年1月に行った一般競争入札でフクダ不動産が12億110万円で落札しました。
















th_IMG_0450_20151207224854665.jpg



現地の様子です。既にクローラークレーンが投入されており、基礎工事が始まっていました。日本国内最高レベルの観光資源を持つ奈良県ですが、ホテル宿泊者数が全国最下位レベルという異常な状況にあります。大仏商法と呼ばれる殿様商売を続け、インフラ整備を怠ってきたツケが回ってきたと言われていますが、それに加え東海道新幹線や東名高速道路といった国土幹線軸から外れている事、大阪・京都から電車で60分弱といった絶妙な距離感もあり、宿泊者は大阪・京都に滞在するパターンが定着していたのではないでしょうか?












th_IMG_0453_20151207224906c0d.jpg



奈良駅周辺はせめて金沢駅周辺レベルのホテル郡があって当然だと個人的に思っています。現在はホテル日航奈良、スーパーホテルLohasJR奈良駅ぐらいしかありませんので、このピッツアホテル奈良が加わる事は嬉しい限りです。インバウンド観光需要はこれからも伸び続ける事は確実なので、このピッツアホテルに続いて、奈良駅周辺にもホテルが多数建設されるかもしれませんね。
関連記事
[ 2015/12/13 14:20 ] 近畿 奈良 | TB(0) | CM(1)

リニアは奈良を通るしね
[ 2015/12/13 22:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3461-16c06455