新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

帝国ホテルが京都・祇園進出を正式発表!「弥栄会館」を改修しラグジュアリーホテルを出店



帝国ホテルは2019年10月9日付けのニュースリリースで、京都市東山区にある国の登録有形文化財「弥栄(やさか)会館」を改修しホテルにするため、同会館の所有者と協議を始めることで合意したと発表しました。実現すれば東京、上高地、大阪に次ぐ4店目の帝国ホテルとなります。訪日富裕層をターゲットとする最高級ホテルにする方針との事です。

【出展元】
「弥栄会館」を活用した新規ホテル計画の検討および協議開始に関わる基本合意書を締結 (2019年10月09日・PDF429.7 KB)

 

 

【2020年開業目処】帝国ホテルが京都・祇園に進出!弥栄会館をリノベーションしホテルとして活用



 

 

 



「弥栄会館」は洋式ながら銅板瓦屋根など和風の意匠を取り入れた建築物で地上5階建て。1936年に完成した築80年を超える国の登録有形文化財に指定されています。周辺は寺社仏閣やお茶屋が集まり、観光客でにぎわう祇園の花見小路通沿いです。ホテルの客室数は100室未満で74室を擁する上高地帝国ホテル(長野県)と同規模を想定。宿泊代は既存の帝国ホテルより高くし、1室1泊10万円台の市内の外資高級ホテルを見すえた五つ星級のグレードにする計画です。

弥栄会館を所有するのは、芸舞妓の教育機関を運営する「八坂女紅場(にょこうば)学園」。改修費は帝国側が負担し、賃借して運営します。投資額は100億円を超える見通しとの事です。

 

 

 

 

th_IMG_3633.jpg
2018年に京都市を訪れたインバウンドの宿泊者数は約450万人に達しています。アメリカの富裕層向け旅行雑誌「トラベル・アンド・レジャー」によると、世界観光都市ランキングで京都は8年連続でトップ10入りしており、富裕層向けホテルの需要が高まっておりラグジュアリーホテルの出店が続いています。


2014年:ザ・リッツ・カールトン京都
2015年:翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都
2016年:フォーシーズンズ京都

2019年
10月:パークハイアット京都
11月:アマン京都

2020年
ホテル ザ 三井 京都
ウェスティン都ホテル京都(大規模改装)

1 COMMENT

ぽり

祇園甲部歌舞練場との間にある朽ちた鉄骨大屋根は
失くすか、ガラス屋根にして全体が見える様にして欲しいですね。

劇場のため無窓が多く(一部はダミー)パズルの様な複雑なレイアウトになりそうです。
70室でも難しいですね。中央部は陸屋根なのでぶち破って、中庭を作れば客室が作り易そうですが文化財との兼ね合いをどうされるか興味深いです。
3~5Fの劇場部分は以前から建築基準法、消防法そして耐震強度不足のため使用禁止され、観劇や展示は1Fホールを改修したギオンコーナーなど一部での営業でした。 正面の凸部分はEVと階段ですが、高島屋東別館の様に撤去もあり得ますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です