南海会館ビルの建て替えに向け、既存建物の解体工事が始まる!

 201202171144451e8_20140215095149c2c.jpg


新南海会館ビルは、老朽化した現南海会館ビルを建替える再開発計画です。南海会館ビルの建て替えにあたり、難波再開発計画の南端に新しいオフィスビル(NCプロジェクト オフィス棟新築工事)を建設し、本社機能を移転、その後現南海会館ビルを解体、新ビルを建設する玉突き方式での建替えとなります。南海会館ビルの建て替えは2011年2月に南海電鉄が発表した新中期経営計画「凜進130計画で明らかになりました。


新南海会館ビルは、地上29階、 地下2階、高さ154mの超高層複合ビルとなります。また、既存のスイスホテル南海とはT字型に配置されます。


建て替え計画は密かに?進んでおり、南海会館ビルの建て替えに向け既存建物の解体工事が始まりました。解体工事の元請け施工は大林組と竹中工務店、南海辰村建設の共同企業体が担当します。











th_IMG_5422.jpg


現在の南海会館ビルの様子です。こうやって見るとあまり変化がないような気がしますが・・・。













th_IMG_5425.jpg



阪神高速側の歩道の上には、歩行者を落下物から守る防護用の上屋が取り付けられていました!また、新南海会館ビル建設工事の進展に伴い、高島屋大阪店も工事の影響を受け売り場が縮小されました。解体される旧ビルに位置する「西ゾーン」の一部賃借エリアが南海鉄道に返却され、売場面積は4300㎡減少、7万3700㎡となっています。















entry_img_2238.jpg


いよいよ解体工事が始まった南海会館ビル。難波エリアでは貴重な超高層ビルの建設計画なので、滞り無く建て替え計画が進む事を期待したいと思います。


関連記事
[ 2014/02/17 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(4)

このビルができたらスイスホテルの西側が屏風のように塞がれてしまう
高層ビルだけにもう少し閉塞感のないよう配慮して配置してほしかったと思います
[ 2014/02/19 22:04 ] [ 編集 ]

なにわ筋線

【大阪】なにわ筋線本格検討へ 大阪府

http://www.senmonshi.com/archive/02/02AAJJi0OA3RHV.asp

大阪府は、なにわ筋線の事業化に向け、2014年度から本格的な検討に着手する。14年度当初予算案には事業スキームの検討業務の委託費として400万円を計上。大阪市と折半することになっており、委託費は合計約800万円を概算。
市の本格予算が固まり次第、検討業務を外注する予定だ。併せて、事業主体や費用負担割合などについて市、鉄道事業者(JR西日本、南海電気軌道)と協議に入る計画で、本年度末までに準備会を立ち上げる。

 なにわ筋線は、JR新大阪駅から北梅田駅(仮称)を経て、JR東西線の福島駅付近でなにわ筋に出て南下し、JR難波駅と南海難波駅に接続する計画。

 接続先に南海の汐見橋駅を加えた3ルート案もあったが、09~11年度に府が近畿運輸局に検討を依頼した結果、JR、南海双方の難波駅に接続する2ルート案の方が採算面で優れていることが分かり、現在2ルート案が有力視されている。

 計画延長は10・2㌔。途中、経由駅の北梅田を除く、中津、福島、中之島、西本町、西大橋の五つの中間駅を設定。関西国際空港のほか、大阪都心のアクセス強化が期待される。概算事業費は2500億円。

 ただ、中間駅を無くした場合、1800億円まで事業費を削減できる計算もあり、中間駅の数や場所が今後の検討の中で大きなポイントになりそうだ。

 府は1月27日の戦略本部会議で、なにわ筋線をはじめ、北大阪急行延伸、大阪モノレール延伸、西梅田十三新大阪連絡線の公共交通戦略4路線について対応方針を決定。今後の事業の進め方などを示していた。
[ 2014/02/19 19:33 ] [ 編集 ]

スイスホテルの入口がそのまま残っていますが、どうするんでしょうかねぇ。
[ 2014/02/17 08:17 ] [ 編集 ]

建築資材、工事費が沸騰し、入札額が高騰しているので、利益の高い東京優先という話です。
オリンピックまでは厳しそうですが、工事が順調に進むことを願いたい。
それにしても南海は企業規模に比較して再開発ここまでやってくれるのかという思い、感謝である。
自然発生型のミナミにあって再開発による超高層ビルや大型SCは、ミナミの街の魅力を大きく高めている。
[ 2014/02/17 07:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2238-0aeaef6f