KDDIが大阪市のOBPに国内最大級の電力供給能力を備えたデータセンター「テレハウス大阪2(TE­LEHOUSE OSAKA 2)」を新設!

 p_index01.jpg


KDDIは2014年8月26日発表のニュースリリースで、総額280億円を投資し大阪市と東京都多摩市にそれぞれ、国内最大級の電力供給能力を備えたデータセンター「TELEHOUSE OSAKA 2」(2015年8月下旬サービス開始予定) および「TELEHOUSE TOKYO Tama 3」(2016年2月サービス開始予定) を新設すると発表しまし「TELEHOUSE OSAKA 2」は、大阪OBPで建設が進む超高層ビル、KDDI大阪第2ビルに居します。

「TELEHOUSE OSAKA 2」「TELEHOUSE TOKYO Tama 3」は、電力使用量の大きい高性能サーバを多用する大規模なWEBコンテンツやクラウドの提供ニーズに応えるため、国内最大級の電力供給能力を備えたデータセンターとなります。「TELEHOUSE TOKYO Tama 3」の1ラックあたりの供給電力は、従来のデータセンターと比べて約5倍 となる国内最大の42kVA (定格) を実現。ラックの収容効率が大幅にアップすることで、国内でICTを戦略的に活用するクライアントや海外のクラウド事業者等の経済的な事業推進をサポートします。また、東京・大阪のデータセンターを併用する事で、有事の際のBCPおよびDR の対策として機能するため、安心・安全な事業継続に貢献する事になります。


【出典元】
KDDIニュースリリース>
東京・大阪に国内最大級の電力供給能力を備えたグローバルデータセンター「TELEHOUSE」を新設










TE­LEHOUSE OSAKA2の公式ムービーです。TE­LEHOUSE OSAKA2の詳細が非常に良くわかります。ビルの高さは隣接する大阪東京海上日動ビルディングと同程度に見えますね。予想よりも大型で存在感のあるビルがOBPに誕生する事になりそうです。














th_IMG_1536.jpg
建設工事が進むKDDI大阪第2ビル



TELEHOUSEは、欧米を中心に25年に亘る豊富な提供実績を有し、インターネットトラフィックが多く集まるデータセンターのトップブランドとして認知され、今回の東京・大阪の新設により、全世界で13地域、24都市、46拠点 (国内は20拠点) となり、総床面積は約371,000平米となります。
関連記事
[ 2014/08/27 00:01 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(4)

読売テレビ、OBPに新社屋 5年後に移転

読売テレビは28日、大阪市中央区のOBP、大阪ビジネスパークの中に新しい社屋を建て、5年後の2019年8月に移転すると発表した。これは、きょう午後、読売テレビの望月規夫社長が会見で明らかにしたもの。発表によると、新しい社屋は、現在の社屋から南へ400メートル離れた大阪市中央区のOBP、大阪ビジネスパークの中に建設される。大阪城を望むOBPは、都心のビジネス拠点としての役割に加え、地震による津波想定地域から外れていることなどから、更なる活性化が期待されている。社屋の移転は2019年8月の予定だが、読売テレビでは、移転を機に最先端の放送設備で番組作りを進める方針。(08/28 18:29)



多分、シアターBRAVA跡だと思います。
[ 2014/08/28 21:30 ] [ 編集 ]

動画がすごいですねw
[ 2014/08/28 03:50 ] [ 編集 ]

縞模様のデザインにして窓が無いデータセンター部分を目立たなくする工夫ですね。
上階部分は窓があるのでオフィスでしょうか。
[ 2014/08/27 00:25 ] [ 編集 ]

1枚目の画像

これが実質的な「KDDI大阪第2ビル」の完成予想図にあたるのでしょうか?


データセンターがメインのビルのため、てっきり窓の少ないのっぺりした印象の外観デザインになるものと思ってましたから、正直意外に感じました。しかもデータセンターとしてのサービス開始予定が、大阪はちょうど1年後くらいになるのですね。カッコいい建物になりそうで、高層ビル群としてのOBPがさらにパワーアップし、より一層魅力的になればいいなと思いました(^-^)
[ 2014/08/26 22:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2673-2dc05009