JR西日本が京橋駅の大規模リニューアル工事を開始すると発表!大阪環状線改造プロジェクトが京橋駅を変える!

 th_001_20170810222937558.jpg


JR西日本は2017年08月10日付けのニュースリリースで、JR京橋駅リニューアル工事を開始すると発表、老朽化が著しい同駅の大規模改良工事がスタートする事になりました!京橋駅は大阪環状線の乗り換えターミナル駅で、JR京橋駅の1日あたりの乗降客数は259,400人/日。京阪京橋駅は177,841/日、地下鉄京橋駅は34,070/日。3社3駅の合計乗降客数が471,311人/日に達する一大ターミナル駅です。


JR京橋駅は、都市計画道路の延伸計画や、それに伴うJR学研都市線ホームの地下化構想など、様々な理由が折り重なり、抜本的な改良工事は行われず長年放置プレイが続いてきました。2015年度に行われた、大阪環状線の顧客満足度調査「オレンジ白書」によると、大阪環状線の19駅中で利用客数が「3位」の京橋駅の満足度は「18位」と最低に近い評価となっています。この様な調査結果やバリアフリー化の観点からJR西日本はJR京橋駅大規模リニューアル工事を計画、今回の発表となりました。

【関連記事】
2015年度「大阪環状線のお客様満足度調査」の結果、「オレンジ白書」がオモシロイ!
JR京橋駅ー学研都市線2番のりばのホームドア(可動式ホーム柵)が使用開始!





▼引用始め

『大阪環状線改造プロジェクト』進行中
京橋駅リニューアル工事を開始します!~生まれ変わる京橋駅にご期待ください~
https://www.westjr.co.jp/press/article/2017/08/page_10939.html


JR
西日本グループでは、2013年度から『大阪環状線改造プロジェクト』をスタートし、大阪環状線のイメージ刷新とお客様満足度向上を図るため、さまざまな施策を展開しています。

その大阪環状線の中でも、京橋エリアはビジネスとレジャーが融合するまちであり、大阪環状線のほか京阪本線、地下鉄長堀鶴見緑地線、JR東西線、学研都市線と複数の鉄道路線が乗り入れる大阪「ヒガシ」の玄関口です。このたび、京橋駅周辺地区が政令で都市再生緊急整備地域に指定されたことを受け、去る88日にお知らせしたとおり、京阪ホールディングス株式会社と当社で将来のまちづくりに向けて、交通結節点としての機能整備に連携して取り組むこととなりました。

つきましては、当社、京橋駅が当エリアの魅力あるまちづくりの一端を担うと同時に、ターミナル駅としてふさわしい機能を整備することを目的に、以下のとおりリニューアル工事を開始します。

リニューアルにあたっては、現状の課題解決を図るとともに、「駅と駅」、「駅とまち」をつなぐターミナル機能を強化し、魅力あるまちづくりに貢献していきます。


▲引用終わり







th_002_20170810222936b57.jpg

1 主なリニューアル工事内容

①北口リニューアル
駅舎デザインを刷新し、京橋駅の玄関口としての顔作りを図り、お 客様や地域の皆様に親しまれる駅を目指します。 また床面、壁面、天井の美装、LED照明化により明るく、きれい な空間を作ると共に、店舗のリニューアルにより、快適性、利便性 の向上を図ります。


②トイレリニューアル
北口・南口・西口のトイレをリニューアルします。北口トイレにつ いては多目的トイレを新設し、どなたでも安心してご利用頂けるト イレに生まれ変わります。また京橋駅のトイレリニューアルをもっ て、大阪環状線内すべての駅のトイレ改良が完了します。

③エレベーター増設
エレベーターを3基増設し、大阪環状線(内回り・外回り)とJR 東西線・学研都市線の乗換え時のエレベーター利用回数が全ルート 1回となり、お客様の移動時間の短縮を図ります。

④エスカレーター増設
コンコース~ホームの円滑かつ安全な移動を促進するためエスカ レーターを北口に2基、南口に1基増設します。

⑤案内サイン改良(駅全体)
複雑な駅構造や他社線への乗換えにおいて、不慣れなお客様にも分 かりやすくご案内出来るよう、駅全体の案内サインを改良します。

⑥その他
ホーム(内回り・外回り)・南口・西口を美装し、明るくきれいな 空間を作り、快適性の向上を図ります。


2 工事期間
20178月下旬から2021年(予定)













th_IMG_1114_20170620225959262.jpg
美しく美装かされた京阪京橋駅。老朽化が著しいJR京橋駅との対比が凄い


京阪京橋駅は、同社最大の利用者数を誇る一大ターミナル駅なので大規模リニューアルが行われ拠点駅に相応しい体裁が整っています。現在のJR京橋駅とは雲泥の差があります。
















th_IMG_0402_201506072138263e1.jpg



こちらは大阪環状線改造プロジェクトのパイロットケースとして先んじてリニューアルが行われた森ノ宮駅の様子です。京橋駅とは規模が全く異なりますが、このデザインテイストを基本フォーマットにしたリニューアルが行われると予想されます。JR京橋駅改良工事の工期は今年8月下旬〜2021年まで、となっているので完成まではかなり時間がかなる事になります。一体どんな駅に生まれ変わるのか?あの戦前のバラックの様な波打った上屋やホームがどう変わるのか?JR京橋駅のこれからの変化は大いに注目を集める事になりそうです。


関連記事
[ 2017/08/11 00:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(7)

工期が長いため

大がかりなリニューアルであるのは確実でしょう。なんだかんだ言っても大阪環状線の主要駅で乗り換え駅・交通の要衝ですからね。
[ 2017/08/12 06:42 ] [ 編集 ]

餃子の王将京橋駅前点の向かいの飲み屋街もフェンスで封鎖されていましたけど、この改装の影響なんでしょうかね
あそこの商店街へ続くアーケードは狭いし汚いし治安も悪く子供には歩かせたくないのでせめて動線くらいは綺麗にして欲しいなあと思います

工期がずいぶん長いですが、その頃には323系へ置き換えて3枚扉へ統一されるのでホームドアも同時に付けるんでしょうかね?気になります
[ 2017/08/11 23:05 ] [ 編集 ]

JR京橋駅が綺麗に…

これはもう長年の悲願だったといっても過言ではないですよ。それがようやく実現に向けて動き出すのですから、願ったり叶ったりです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
リニューアル後が非常に楽しみになりました( ◠‿◠ )
[ 2017/08/11 15:54 ] [ 編集 ]

太郎

片町線地下化は可能なんですかね
線路沿いの工事に必要そうな土地はマンションの新築工事しちゃってますけど
[ 2017/08/11 07:18 ] [ 編集 ]

うれしいけれど

京橋の発展に一番大切なことはJR片町線の地下化。これがないと、地域の分断解消も、玉造筋の国道1号への延伸も、土地の集約化も、高度利用もできない。しかし、今回の発表でもやはり何らの言及もない。中途半端な感じは拭いきれない。それどころか、これでは将来の片町線の地下化も葬り去ることになりかねない。残念だ。本当は、京橋地区全体の整備とともにやってほしかった。盛土を高架橋に改めることも、そして駅ビルの建築もほしかった。もちろん、現状よりきれいに使いやすくなることはとてもうれしいけれど。大阪市がJR片町線地下化事業を休止したことは本当に痛かった。湾岸部よりも京橋地区に力を注いだ方が経済的にもよいはずだけど。ところで、NTTの研修センターでも大規模工事が行われている。ここも注目だ。
[ 2017/08/11 01:28 ] [ 編集 ]

ついに京橋

ついに京橋に順番が回ってきましたね。

地元商店街の反対を押し切って、あの不便な地上乗り換えを廃止し、
新しい商業施設内に取り込むのか?注目ですね。
[ 2017/08/11 00:04 ] [ 編集 ]

いよいよ来た

ついに京橋に順番が回ってきましたね。

地元商店街の反対を押し切って、あの不便な地上乗り換えを廃止し、
新しい商業施設内に取り込むのか?注目ですね。
[ 2017/08/11 00:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/4434-86a85a7f