新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

阪急ー神戸三宮駅ホームドア(可動式ホーム柵)設置工事の状況 20.01


阪急電鉄は2019531日付けのニュースリリースで、神戸本線の神戸三宮駅に可動式ホーム柵(ホームドア)を設置すると発表しました。十三駅に次いで2駅目となります。ホームドアはスタンダードな腰高タイプで、一部のドアは透明なタイプを採用します。設置工事は2021年春ごろまでに完了する予定です。

 

 


出展:神戸三宮駅における可動式ホーム柵の設置について

阪急神戸三宮駅は2面3線の構造ですが、ホームドアは線路に面した4面全てに取り付けられます。

 

 

 

 

現地の様子です。ホームドアを設置する為の準備が進んでいます。

 

 

 

 

年季の入った床材が一部新しくなりました。

 

 

 

 

ホームを見通した様子です。ユニットの設置箇所が良く解ります。

 

 

 

 

ホームドアを設置する為、床下が補強されています。

 

 

 

 

最後はホーム全体を見通した様子です。

1 COMMENT

K

ホーム柵の設置が私鉄でもどんどん進んで欲しいです。
阪急は特に特急の通過が多いので、全駅設置してほしいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です