MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

名古屋ルーセントタワー




名古屋ルーセントタワーは、名古屋駅北側の牛島町に建設された超高層オフィスビルです。名古屋駅から地下道「ルーセントアベニュー」で直結されています。












IMG_1714_20110916115521.jpg


【スペック】
名称:名古屋ルーセントタワー
階数:地上40階、塔屋1階、地下3階
高さ:180m
敷地面積:14,100.54m2
建築面積:3,883.02m2
延床面積:115,200.34m2
竣工:2007年01月













IMG_1720.jpg



名古屋ルーセントタワーの最大の見せ場は、緩やかな美しい曲線を描いている東側のガラスカーテンウォールです。近くから上部を見上げた時に、他のビルでは中々味わえない不思議な感覚が味わえました。











IMG_1723.jpg

ちなみに名古屋ルーセントタワーの「ルーセント」は、英語で「光る、輝く」の意味で、緩やかな美しい曲線を描く独創的な建物の特徴から命名されました。ココから見た名古屋ルーセントタワーは鋭い日本刀の様にも見えます。











IMG_1741.jpg


こちらは南側から見た様子です。曲面を描く東側とは全く異なり、とてもシンプルな印象です。













IMG_2776.jpg


つづいてミッドランドスクエアの展望室から見た名古屋ルーセントタワーの様子です。













IMG_2809.jpg


最後は黄昏時の名古屋ルーセントタワーをパチリ。




1 COMMENT

キンキ

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
私もルーセントタワーの曲線がたまらなく好きですね。
最近できた再開発ビルの中で一番好きかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です