【再都市化ナレッジデータベース】

大阪市交通局66系リフレッシュ車

 th_IMG_0278.jpg
 

大阪市交通局66系は、地下鉄堺筋線と相互乗り入れを行っている阪急京都本線・阪急千里線向けの車両で、199094年に1次車96両、20022004年にマイナーチェンジした2次車40両が製造されました。66系は製造後20年以上が経過していることからリフレッシュ工事が行われています。今回のリフレッシュ工事では全面デザインが大きく変更され、行き先表示機がフルカラーLED化されるなど、新型車両と見間違えるほどの変貌ぶりです。

 
th_IMG_0288.jpg
 

 

ちなみにこちらがオリジナルの66系です。こうやってリフレッシュ車と見比べてみると、ちょっと野暮ったいデザインに感じますね。

 
th_IMG_0360.jpg
 

 

リフレッシュ車の印象を大きく変えている「スカート」の様子です。郊外路線である阪急京都線・北千里線に直通している事から、安全性を高める目的で新たに設置されました。

 

 
th_IMG_0329.jpg
 

 

車体側面の様子です。車体の美化が行われ、ピカピカしています。また側面に号車番号が表示されています。

 
th_IMG_0284.jpg
 

 

側面の行き先表示機もフルカラーLED化されています。

 
th_IMG_0369.jpg
 

 

それでは車内の様子を見てゆきましょう。大幅に変わった外観に比べると控えめな変化ですが、所々に変更点が見て取れます。

 
th_IMG_0375.jpg
 
シートはバケットタイプに交換され、シート中央にはスタンションポールが追加されています。また床材が変更されており質感が向上しています。
 
th_IMG_0355.jpg
 

袖仕切りが2段になり化粧パネルが木目調に変更されました。

 
th_IMG_0351.jpg
 

ドアの様子です。床面に黄色の警戒色が配されています。


 
th_IMG_0325.jpg
 

 

車内情報案内装置がドア上部に千鳥配置で設置されています。こちらは3色LEDです。

 
th_IMG_0384.jpg
 
天井付近の様子です。長さの異なるつり革が設置された他、ドア付近のつり革が増設されました。
 

th_IMG_0379.jpg

リフレッシュ工事が行われた大阪市交通局66系。今回は車両の全面デザインが大きくかわり、フルカラーLEDが採用され、側面のレタリングも変更されるなど、新車と見間違えるほどの変貌ぶりに驚きました。大阪市交通局は車両のリフレッシュ工事を積極的に行っており全体の設備レベルは徐々に向上している印象を持ちました。あとは、御堂筋線に大量に残る10系を30000にドンドン置き換えてほしい所ですね。


 

3 COMMENTS

アイラブオオサカー

SECRET: 0
PASS: 2b52e331129aa396df9e167518164312
ロングさんも言われるように、外観は新車と言われても何ら違和感がないくらいの出来栄えでカッコいいです(^。^)

前面と側面の行先表示機もフルカラーLEDで視認性も向上し、またスカート(排障器)が取り付けられたことで力強いイメージもついたように感じられます。
ステンレスの車体もブラッシュアップされて、ピカピカに輝いてますね!
車内はそれほど大きな変化は見られないものの、この車両はもともとスマートな内装だと思ってましたのでこれで十分でしょう。

今のところリフレッシュされたのは2編成だけですが、これから徐々に他の編成もリフレッシュされて見かける機会が増えるのは楽しみです(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です