名古屋市交通局ー5050形電車

th_IMG_0576_20160814022522ba6.jpg


名古屋市交通局ー5050形電車は、1992年に登場した(名古屋市営地下鉄東山線用の通勤形電車です。東山線に残っていた300形などの非冷房車を置き換える目的で、1992年~2000年にかけて6両編成27本(162両)が日本車輌製造で製造されました。大阪市営地下鉄の大阪市交通局-千日前線 新20系とほぼ同世代の地下鉄車両で、同じ集電方式も第三軌条なので、どことなく雰囲気が似ていますね。ただ東山線の車両限界が小さいので一回り小ぶりな印象です。













th_IMG_0582.jpg


5050形電車は東山線の規格に合わせ、車体長15,580 mm・全幅2,546 mmの6両編成(4M2T)で、集電方式は直流600Vの第三軌条方式。営業最高速度は65 km/h、起動加速度3.3 km/h/sとなっています。車体や搭載機器は名城線・名港線2000形をベースとして、前頭形状を5000形に似せていますが、傾斜の仕方や灯具の配列などが異なっています。














th_IMG_1747_20160814022520429.jpg


車内の様子です。5050系は3ドア・オールロングシートの通勤車両で、簡易バケットシートが採用され、標準定員は7人がけ、3人がけとなっています。















th_IMG_1776_2016081402251822e.jpg


床面は通路部をえんじ色にしてあり、立席スペースと着席スペースを視覚的に分ける工夫がなされています。袖仕切りは最近流行りの大型ではなく、大阪市営地下鉄と同じ様なタイプです。90年代前半の車両の雰囲気がプンプンします。














th_IMG_1757_20160814022516a01.jpg


シートの様子です。赤みがかった柿色が鮮やかですね。すわり心地も「もっちり」しており中々快適でした。













th_IMG_1759.jpg


座席を書面から見た様子です。最近「はやり」の座席中央部付近のスタンションポールも未設置の為、非常にスッキリしています。側面窓は2枚構成で、片方が固定、もう片方が1枚下降式で開閉可能となっています。















th_IMG_1773_2016081402254037c.jpg



車端部の様子です。連結面のドアーの上に3色LEDの情報案内装置が取り付けられていました。優先座席付近のつり革の形状が三角型になっています。














th_IMG_1745.jpg


3色LED情報案内装置のアップです。














th_IMG_1751_201608140225364db.jpg


乗降ドアーの様子です。こちらも最近良く見る、引き込み、挟み込みの危険性を喚起する為の「黄色の警戒色」はありません。また、同じく床面の警戒色もありませんでした。














th_IMG_1743.jpg


乗降ドアーの上部には千鳥配置で路線図式の案内表示器が設置されています。














th_IMG_1753.jpg


天井付近の様子です。蛍光灯カバーは未設置、照明も従来の蛍光灯のままです。












th_IMG_1779.jpg



つり革のアップです。丸型の形状でレール向きに設置されています。




















th_IMG_1767_20160814022906600.jpg


側面にある行き先表示機の様子です。幕式ですね。













th_IMG_0569_2016081402312315f.jpg


東山線で活躍が続く5050系ですが、東山線へのホームドアの設置に伴い、ATO・ワンマン化に対応した改造がなされました。また2015年からは順次車内WIFIの設置が行われています。最新鋭N1000系の投入(後日記事化します)も急ピッチで進んでいますが、この事からも5050系はまだまだ東山線の主力として活躍が続く事になりそうです。




関連記事
[ 2016/08/16 00:00 ] 鉄道 電車 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3843-7a61015a