6代目にバトンタッチした道頓堀のグリコサイン(The Glico Man sign)Ver.昼

th_IMG_7989.jpg



道頓堀のシンボル的な屋外広告として有名なグリコ看板。海外でも結構有名なようで、グリコマン(The Glico Man sign)と呼ばれているそうです。そんなグリコマンですが5代目の設置から16年が経過し老朽化が進んでた事から、新しい看板が制作され、2014年10月23日に6代目となる新看板にバトンタッチしました。


【出典元】
道頓堀のグリコマン(The Glico Man sign)が期間限定で「綾瀬はるか」さんに!
グリコグループ ニュースリリース>大阪道頓堀のグリコ看板をリニューアル現在の 5代目から 6代目へ



【過去記事】
道頓堀のグリコマン(The Glico Man sign)が今年の10月頃に6代目にバトンタッチ、新看板はLEDで省エネ化!












th_IMG_7995.jpg


新しいグリコサインの様子です。伝統のゴールインマークは先代とほぼ同じデザインですが、背景はシンプルになりました。全体的にスマートで爽やかな印象に変わりました。













th_IMG_7998_20141025212108d2a.jpg


グリコサインをアップで。シンプルで爽やかな6代目ですが、夜になると全く異なった表情を見せてくれます。※夜バージョンは次回の記事でご紹介します













th_IMG_8000.jpg


戎橋から見たグリコサインの様子です。新しい6代目は注目を集めている様で、いつもよりも観光客が多い気がしました。














th_IMG_8009.jpg







そして、戎橋の上でゴールインポーズを決めて記念撮影する人の多いこと・・・。ポーズを決めている人は以前からチラホラみかけましたが、最近はその数が激増し、さらに外国人観光客までポーズを決めています。コテコテの象徴の様だった道頓堀のグリコ看板ですが、洗練された6代目の登場、The Glico Man signとして海外での認知度も上がり、「大阪に行ったらグリコサイン前でゴールインポーズを決めて記念撮影」が定番のイベントとなってきており、グリコサインは強力な観光コンテンツとして大阪観光の武器として華麗なる変貌を遂げています。
関連記事
[ 2014/10/26 00:10 ] 大阪都心 心斎橋/難波 | TB(0) | CM(3)

元スポタカビル

~道頓堀スポタカ跡に「ドン・キホーテ」、外国人向けにインバウンド強化~

http://namba.keizai.biz/headline/3129/
[ 2015/06/09 16:53 ] [ 編集 ]

LEDの点灯は夜だけとのことですが、昼間の画像はLEDではないのですかね??
[ 2014/10/26 01:47 ] [ 編集 ]

少し前にテレビ番組で、グリコの社員さんがジャングルの奥地まで
ポッキーを広めに行っている様子が放送されていましたね。
グリコの商品がさらに海外で認知されていけば、この場所にくる外国人観光客も
増えるでしょうねー。
[ 2014/10/26 00:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2780-8f4a55fc