MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

大阪中之島美術館・Nakanoshima Museum of Art, Osakaの建設状況 21.02【2021年度開館予定】



 

大阪市は、2021(平成33)年度中の開館をめざす(仮称)大阪新美術館について公募型設計競技を実施し、2017年02月09日に最優秀案及び次点案を決定しました。 最優秀案の提案者は遠藤克彦建築研究所、次点は日建設計 大阪オフィス。

最優秀案は、シンプルで存在感のある外観や黒い直方体を切り欠くように立体的に配置され、自然光が降り注ぐデザイン性の高いパッサージュ空間が、新しい美術館の独自性につながるとともに、建物周囲に巡らされたデッキや、道路に面して配置されたカフェ・レストランが、まちの回遊性や賑わいの向上に貢献するとして高く評価されました。

【出典元】
大阪市HP>「(仮称)大阪新美術館」の公募型設計競技において最優秀案を決定しました

・株式会社 遠藤克彦建築研究所>設計提案書(PDF)
・株式会社 日建設計 大阪オフィス>設計提案書(PDF)


【過去記事】
大阪中之島美術館・Nakanoshima Museum of Art, Osakaの建設状況 20.02
大阪中之島美術館・Nakanoshima Museum of Art, Osakaの建設状況 19.12
大阪中之島美術館・Nakanoshima Museum of Art, Osakaの建設状況 19.08
大阪中之島美術館・Nakanoshima Museum of Art, Osakaの建設状況 19.07
大阪中之島美術館・Nakanoshima Museum of Art, Osakaがついに着工!
大阪中之島美術館・Nakanoshima Museum of Art, Osakaの計画地に建築計画のお知らせが掲示される!
「大阪中之島美術館・Nakanoshima Museum of Art, Osaka」新美術館の名称が正式決定!
2021年度開館予定】(仮称)大阪新美術館の状況 18.08
大阪中之島に計画中の(仮称)大阪新美術館の正式名称を公募開始!「⼤阪と世界の近現代美術」をテーマに2021年度の開館予定!
大阪・中之島に計画中の(仮称)大阪新美術館は黒いキューブ型!同美術館の基本設計コンペは遠藤克彦建築研究所を特定!
大阪・中之島に新設する新美術館は整備費121億円で2020年度までの開館を目指す

【スペック】
名称:大阪中之島美術館・Nakanoshima Museum of Art, Osaka
所在地:大阪市北区中之島1丁目3番20号
階数:地上5階
高さ:36.9m
構造:S造
杭・基礎 :
主用途:美術館、店舗、駐車場
総戸数:—–
敷地面積:12,870.54 
建築面積:6,680.56 
延床面積:20,012.43㎡ ※容積対象面積:18,126.36㎡
建築主:大阪市
設計者:大阪市都市整備局公共建築部
施工者:銭高・大鉄・藤木特定建設工事共同事業体
着工:201903月(予定)
竣工:202106月(予定)

大阪市は、大阪の魅力を世界に発信する「新しい美術館」の正式名称を募集すると発表、2018年の6~7月にかけて公募し、計1681件の応募がありました。決定された正式名称は「大阪中之島美術館・Nakanoshima Museum of Art, Osaka」。非常にシンプルな名称に落ち着きました。新美術館は黒い直方体が宙に浮いた印象を与える外観で、モディリアニや佐伯祐三作品など市所蔵の約5600点が展示される予定です。

5層の建物ボリュームは約60m角のコンパクトな直方体。敷地中央に配置され、周辺には広いオープンスペースが設けられた、周辺からの圧迫感がない配置計画となっています。オープンスペースは公園の様な「アートデッキ」が作られ、周辺の高低差や人の流れを統合し、敷地の全方位と接続。デッキ上では様々なイベントや屋外展示を行う事が可能となっています。デッキ上は緑化が行われ、都市のオアシス空間として整備されます。

新美術館は、鉄構造/場所打ち杭、基礎免震を基本とし、柱のない「ワンルーム」の展示室を1~5階まで複雑に連続するパッサージュ(展示ホール)の吹き抜け空間が設けられます。パッサージュは空間的に大阪新美術館のスパイン(背骨)になるだけでなく、構造的にもスパインとして機能します。上部躯体をシンプルで軽快な鉄構造とする事で、杭や基礎への負担も少なくなり、コスト/工期的にも有利な構造計画としています。

 

 

2021年2月の様子

現地の様子です。前回の撮影が2020年11月だったので、約3ヶ月振りの取材です。

 

 

今回の取材で見つけた大きな変化点の1つがこちら。ダイビル本館と美術館を結ぶペデストリアンデッキの設置工事が始まっていました!

ダイビル本館側の様子です。ダイビル本館の竣工時から西側への延伸を見越して途中までデッキが作られ、暫定的に「花壇」になっていましたが、いよいよ本来の役目を果たす時が来ました。

 

 

 

南東側から見た様子です。外装工事がかなり進んでいます。

 

科学館側の様子です。こちらでもペデストリアンデッキの設置工事が進んでいました!

科学博物館側から見たペデストリアンデッキの様子です。科学博物館と美術館の高低差が結構あるので、科学博物館側に階段を設置して高低差のギャップを埋める事になりそうです。

 

 

 

南側から見た様子です。黒い直方体の下部はガラス張りになっており、黒い箱が浮遊している様な印象を与えるデザインとなっています。

 

 

 

南西側から見た様子です。

 

 

 

撮影ポイントを変えて、北東側から見た様子です。

アップで見た様子です。なんとも言えない渋い色味と風合いの外壁がメチャクチャ良い感じですね。

 

 

 

 

デザイン上のアクセントとなってる窓ガラスの様子です。

 

 

 

最後は北側から見た様子です。

2020年11月の様子

現地の様子です。前回の撮影が2020年10月だったので、約1ヶ月振りの取材です。

南東側から見た様子です。外装カーテンウォールの取り付けがかなり進みました。

壁面のアップです。マットな外装パネルの質感がかっこいい。

大阪市立科学館(左)と大阪中之島美術館(右)の間の様子です。両館の間はペデストリアンデッキで接続されます。

南側から見た様子です。ペデストリアンデッキは科学館側のこの場所に接続されます。

南西側から見た様子です。

撮影ポイントを変えて、北東側から見た様子です。

こちらは隣接するダイビル本館側の様子です。ダイビル本館の完成依頼、途切れたままだったペデストリアンデッキの延伸工事が始まりました!大阪中之島美術館と2階レベルで接続され、周辺施設の回遊性が大幅にアップします。

北西側から見た様子です。

西側から見た様子です。

最後は大阪国立国際美術館(右)と大阪中之島美術館(左)の並びです。

1 2 3 4

10 COMMENTS

アリー my dear

訂正:令和4年(2022年)2月2日。

三刀流

国立国際美術館と大阪中之島美術館というふたつの本格的な美術館がデッキでつながる意味は大きいと思います。それぞれの特徴を生かしたユニークな企画展をしたり、両館の展示スペースを一体とした大掛かりな美術展をするなど、相乗効果で全国の美術ファンを引き付けるゾーンになるでしょう。
府立東洋磁器美術館や中之島香雪美術館を含め、中之島が世界に誇るアートの島として発展してほしいです。中之島にまだ残っている未利用地の再開発計画の中に、ぜひ美術館を組み入れてほしいです。

アリー my dear

美術館の建物も完成に近づき、ダイビルおよび科学館と接続するデッキの工事も進み、環境が整いつつありますね♪

ぷんぷい

外壁パネルの色ムラはこういうデザインなんでしょうか?

それともこの上から仕上げするんでしょうか??

アリー my dear

以前の8月ごろに撮影された画像と比較して気づいたのは、南側の科学館とペデストリアンデッキで接続される部分の電線が地中化されたのか、スッキリしましたね!

o-kinix

モディリアーニや佐伯祐三も楽しみですが、個人的には大阪市に寄贈された
2万点にも及ぶサントリーのポスターコレクションが楽しみですね

ぽり

黒い外壁カーテンウォールPCaは骨材が見えるのでアーキテクチュラルコンクリートといわれる類いのモノでしょうか?

七味

大阪市のリンクが切れてますね。削除はされてないようです。

サジャ

個人的にこの建物やWホテルを注目しています。Wホテルはそこそこ高さのある建物ですがこちらはバリバリの低層ビル。それでも個性的な色とデザインでランドマークになりそうな感じがします。私は勝手に「中之島のケムール人(古)」と名付けてました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です