東横イン中部国際空港本館(オレンジサイド・グリーンサイド・パーキング)


th_IMG_0646_20160928011904bfb.jpg



東横イン中部国際空港本館は、愛知県常滑市の中部国際空港内にある大型ビジネスホテルです。ホテルは3つの棟で構成されており、一般客用の「オレンジサイド」、団体客用の「グリーンサイド」、駐車台数1045台のキャパがある立体駐車場「東横イン中部国際空港パーキング」となっています。オレンジサイド・グリーンサイドを合わせた総客室数は1001室と巨大です。












th_IMG_0515_201609280119055dd.jpg


海側から見た様子です。ここから見ると巨大な立方体の形状に見えますが、上から見ると「コ」の字型の形状をしています。













th_IMG_0538_20160928011906b85.jpg


本館と駐車場棟の並びです。駐車場棟のキャパも凄まじく1000台を超える収容力を誇ります。














th_IMG_0595_201609280119086c4.jpg


エントランス部分の様子です。コの字型の真ん中付近にはサイのオブジェが。


















th_IMG_0598_20160928011909b82.jpg


このサイのオブジェは、世界的に有名な芸術家(サルバドール・ダリ)が製作したブロンズ像「レースをまとった犀」(1956年作)です。国際的なホテルにふさわしいシンボルとして、エントランスに常時展示されています。















th_IMG_0661_20160928011915514.jpg


最後は、東横イン中部国際空港本館と、
コンフォートホテル中部国際空港の並びです。

関連記事
[ 2016/09/28 01:30 ] その他 空港 | TB(0) | CM(1)

ヨドバシ仙台新ビル(ヨドバシ仙台第1ビル計画)が遂に始動、2018年10月開業の予定!

001_201609261912122d0.jpg





ヨドバシカメラがJR仙台駅東口の旧店舗跡に建設する店舗兼商業ビル「ヨドバシ仙台第1ビル」がついに動き出します。仙台市に提出された「ヨドバシ仙台第1ビル計画に係る環境影響評価準備書及び要約書」によると、新ビル(第1ビル)は2012年4月まで「マルチメディア仙台」として営業した旧店舗があった自社敷地に2棟のビルを建設する計画で、店舗や駐車場が入るA棟は地上9階、地下2階の延べ床面積約8.1万㎡。当初計画から1フロア階数が増えました。B棟は地上7階建てで、延べ床面積約1.25万㎡の規模で、音楽ホールや店舗、駐車場などが入居します。音楽ホールは一部5階建て部分の3~5階に設置される計画です。





【出典元】
http://www.city.sendai.jp/kankyo/1221821_2476.html










002_2016092619121106b.jpg




駐車場台数は両棟分で計626台。旧店舗時代から使用する立体駐車場と、現在の「マルチメディア仙台」が入る東側のヨドバシ仙台第2ビル分を合わせ、計1490台分が確保されます。当初予定通り、仙台駅東口と第1ビル、第2ビルをペデストリアンデッキでつなぐほか、第1ビル、第2ビルは地下通路でも結ばれます。開業時期については当初予定の2016年春から2018年10月に延期されました。








003_20160926191213d0b.jpg

ヨドバシ仙台新ビル(ヨドバシ仙台第1ビル計画)の断面図です。A棟+B棟の総延床面積は10万平米に迫る大型開発となります。商業施設に加え、音楽ホールが入居するのが新しいですね。もしかすると、ホール部分にはZeep仙台が復活して入居するかもしれません・・・。
















th_IMG_2388.jpg



現地の様子です。以前あった簡素な建物はすっかり無くなっており驚きました。再開発を目前に控えているので当然の姿なのですが、久々に現地を訪れると風景の変わりように驚くばかりです。

















th_IMG_2390.jpg


角度を変えてみた、現地の様子です。















th_P1120415.jpg

今回新たに建設されるヨドバシ仙台新ビル(ヨドバシ仙台第1ビル計画)の外観デザインの参考になりそうなのが、こちらの京都ヨドバシ。梅田店のデザインを踏襲しつつ、京都の街並みに溶け込む様なファザードデザインとなっています。最近のヨドバシカメラの外壁に見られる「格子状」の外壁看板は、この京都店から始まり、梅田店、秋葉原店へと広がって行きました。











th_P1120426.jpg



京都店にあるコリドール(外回廊)の様子です。まるで百貨店の様なクオリティーですね。ヨドバシ仙台新ビルのデザインにも期待が集まります。



















th_P1120419.jpg



レールサイドに巨大店舗を建設し、最高の立地に圧倒的な品揃え、ポイント還元による顧客の囲みをはかるヨドバシカメラの「マルチメディア館」形態のプロトタイプとなったのが仙台店、その業態を昇華させ、その後のヨドバシカメラ・マルチメディア館のフォーマットになったのが梅田店です。現在のヨドバシカメラの繁栄のターニングポイントになったと言える「ヨドバシカメラ・マルチメディア仙台」が、梅田店のフォーマットで再構築される事はなんとも感慨深いものがあります。ある意味里帰りと言えるのではなでしょうか・・。

関連記事
[ 2016/09/28 01:00 ] 東北 仙台 | TB(0) | CM(1)

仙台再都市化2016

th_IMG_2185.jpg

仙台再都市化2016!


久々に仙台に取材に行ってきました!このブログを始めてから8年半が経過していますが、中枢都市シリーズとして「札幌、仙台、広島、福岡」の取材を計画し、始めて遠征取材に行ったのが仙台でした。前回の取材が2010年02月だったので6年半振りの遠征取材となりました。今回のお目当ては昨年末に開通した仙台地下鉄東西線と大規模な橋上駅舎が誕生し様変わりした仙台駅。その他にも新しい高層ビルや未撮影の高層ビルが多数あったのでそれらの撮影も試みました。


【過去記事】
仙台再都市化2010










th_IMG_2188.jpg


駅前のペデストリアンデッキを行き交う人々。仙台駅周辺に誕生した新たな商業施設が、人の流れを変えつつある



仙台はかなり昔ですが4年間住んでいた事もあり、特に思い入れのある街です。街のあちこちに思い出が詰まっており、本当に懐かしい気持ちになりました。また、あの大震災を経ても着実に発展を続けている事を実感する事が出来ました。





















th_IMG_2122.jpg


杜の都を象徴する青葉通のケヤキ並木。街路樹も時間をかけて育てると大木に成長し、緑のトンネルになっています



今回の仙台取材は1泊2日。6月頃から計画していましたが、スケジュールや天候、体調など様々な要因が上手く噛み合わず中々飛び立てずにいました。飛行機のチケットの有効期限もそろそろ限界に近づいた(予約変更ができず強制キャンセルされる)ので、引っ越しの翌週に仙台に遠征するという無謀な取材を敢行してきました。




















th_IMG_1785_20160926223606c72.jpg 


今回の天気予報は曇り時々晴れ。絶好のコンディションとは行きませでしたが、曇り空の時は地下鉄東西線を、翌日の晴れ間にビルの撮影といった感じでなんとか形にする事が出来ました。前回の取材時にはブログの記事造りのフォーマットも未成熟で各ビルや再開発のレポートがグチャグチャだったので、今回の取材を通じて一部のビルを再撮影、記事をリライトして行きたいと思います。ともかく最新の仙台の様子を徐々にご紹介して行きたいと思います!


関連記事
[ 2016/09/27 00:00 ] 東北 仙台 | TB(0) | CM(6)