関空2017年上期(暦年)の総旅客数は1331万人、国際線旅客数は上期だけで1000万人を突破!訪日客は12%増の679万人で過去最高を更新

th_IMG_0715_20170727230320a0e.jpg

関西国際空港と伊丹空港(大阪国際空港)を運営する関西エアポートが7月26日に発表した2017年上期(暦年)の利用実績(速報値)によると、関西空港の国際線と国内線を合わせた総旅客数は前年同期比8%増の1331万6334人で、上期(暦年)としては過去最高を記録しました。総旅客数1331万6334人のうち、国際線旅客数は9%増の1001万9478人で、上期では初めて1000万人を突破、過去最高となりました。


関空の好調をささえているのは外国人旅客。一時の爆買い時期から減った印象がありますが、国人旅客は現在も増加の一途をたどっており、前年比12%増の678万9475人を記録しました。一方日本人旅客は5%増の313万6153人で外国人旅客が日本人の2倍となっています。これらの数値は、いずれも過去最高。また懸案の国内線旅客数は5%増の329万6856人で、2年ぶりに前年を上回りました。


【出典元】
→関西エアポート>関西国際空港 大阪国際空港 2017年(平成29 年)6 月利用状況(速報値)(PDF)










th_IMG_0730_20170727230321f6d.jpg



外国人入国者数 2017年6月(速報値) 
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001186183 

新千歳 107,263人 (35.0%)※前年同月比 
羽田  284,186人 (10.7%) 
成田  599,147人 ( 9.4%) 
中部  106,529人 ( 7.1%) 
関西  584,537人 (14.2%) 
福岡  171,337人 (63.4%) 
那覇  150,293人 (14.6%)  



外国人旅客数の増加が関空の成長の源泉ですが、2017年6月単月の速報値を見ても前年比14.2%も増加しており、外国人旅客数が成田を追い抜く事は確実な情勢です。もちろん首都圏には羽田がありますので成田+羽田の総数では、まだ差がありますが、関空の伸び率が高いので総数でも徐々に縮まっており、大検討と言えると思います。

関連記事
[ 2017/07/28 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(2)

(仮称)アパホテル<新大阪駅南>新築工事の状況 17.07

th_IMG_0305_20170727224357d02.jpg


(仮称)アパホテル<新大阪駅南>新築工事は、大阪市淀川区西中島7丁目の御堂筋線新大阪駅南出口徒歩5分ほどの所に建設中のホテルです。規模は地上10階、高さ31m、延床1,659.80㎡と小規模なホテルです。新大阪駅〜西中島南方駅付近ではホテルの建設ラッシュが起こっており、そこら中でホテルが建設中の状態、もしくは計画中といったら大げさでしょうか。でもそれぐらいの勢いで複数のホテル計画が進行しています。










th_IMG_0308_20170727224359207.jpg


スペック】
名称:(仮称)アパホテル<新大阪駅南>新築工事
所在地:大阪市淀川区西中島7丁目9番7他
階数:地上10階
高さ:31m
構造:S造
杭・基礎 :
主用途:ホテル
客室数:----
敷地面積:415.13m2
建築面積:220.00m2
延床面積:1,659.80m2
建築主:アパホーム
設計者:日企設計
施工者:熊谷組
着工:2017年05月
竣工:2018年03月(予定)











th_IMG_0297_201707272243596f1.jpg


現地の様子です。計画通りに既に工事は始まっていました。











th_IMG_0316_20170727224401aaf.jpg


完成予想パースを見ると、1フロア片側7室、両面で14室。✕8フロア=112室+αの客室数が作れそうです。もちろん1室あたりの客室面積は10㎡程度になりそうですが・・・。

関連記事
[ 2017/07/28 00:00 ] 大阪都心 新大阪 | TB(0) | CM(1)

(仮称)大阪市中央区本町3丁目ホテル新築計画の状況 17.07

th_IMG_0705_201707270020513e7.jpg

(仮称)大阪市中央区本町3丁目ホテル新築計画は、大阪市中央区本町3丁目の本町通り沿いの角地で建設中のホテルです。規模は地上14階、高さ44.53m、延床3,497.18㎡と小規模ですが、目立つ場所で建設工事が進んでいるので結構注目を集めています。













th_IMG_0715_201707270020536b7.jpg


【スペック】
名称:(仮称)大阪市中央区本町3丁目ホテル 新築計画
所在地:大阪市中央区本町3丁目24番1,24番10(番地)
階数:地上14階
高さ:44.53m
構造:S造
杭・基礎 :
主用途:共同住宅(分譲・賃貸)
客室数:----
敷地面積:400.03m2
建築面積:337.90m2
延床面積:3,497.18m2 ※容積率対象面積3,191.41㎡
建築主:ドウゴ特定目的会社
設計者:IOA竹田設計
施工者:浅沼組
着工:2016年07月(予定)
竣工:2017年12月(予定)









th_IMG_0707_20170727002054d98.jpg



現地の様子です。少し前までコインパーキングとして使われていましたが、この狭い敷地に14階建てのホテルを建ててしまうとは・・。最近、大阪都心部でホテル計画が雨後の竹の子の様に沢山動いていますが、それでも宿泊予約サイトを覗いてみると適切な値段で、そこそこ綺麗なホテルの空室は皆無といった状況が相変わらず続いてきます。










th_IMG_0710_20170727002056ff2.jpg


養生ネットの隙間から、外装タイルが見えました。渋目の茶色で本町のイメージにあったビルになりそうですね。










th_IMG_0718_201707270020572cf.jpg


こちらは東側から見た様子です。大阪都心部では恐ろしい数のホテル計画が動いており、小規模案件まで含めるといったいどれだけの数のホテル計画が建設中、これから建設されるのか?全く把握できません。ただ、関空経由で大阪を訪れる外国人旅行者は相変わらず増加の一途をたどっており、国内からの旅行者、出張者も合わさって需要に供給が追い付いていない状態は相変わらずの様です。「大阪は宿が取れない」為にツアーがキャンセル、行き先変更になるケースがあると旅行会社の方から伝え聞きました。インバウンド観光需要が鈍った時のリスクはありますが、今は「ホテル不足で行き先変更」などという、機械損失を最小化してこのチャンスを最大限に活かし、大阪近畿圏へのリピーター作り、素敵な体験を世界中に拡散し、さらなる集客を図る事が必要だと思います。

関連記事
[ 2017/07/27 00:00 ] 大阪都心 本町/上本町 | TB(0) | CM(4)