難波の旧市立精華小学校跡地の再開発計画が始動、超高層ビルではなく物販・飲食店舗が入る9階建ての商業ビルが建設される事に

003_20130208171337.jpg


大阪市は南海難波駅前にある旧市立精華小学校の跡地を、不動産会社「株式会社成信」に約35億9000万円で売却すると発表しました。提案内容はホテル、物販業、飲食業などで構成する商業施設として2016年度にオープンさせる計画でしたが、2016年7月現在まで、現地は更地のままで動きがありませんでした。旧市立精華小学校の事業予定地は、中央区難波3―25―2の敷地4547・72m2のうち北側約330m2を除いた約4217・22m2。建ぺい率80%、容積率500%となっています。


【過去記事】
大阪市が「旧精華小学校」跡地の売却先を発表、成信が複合施設を計画


【大阪市HP】
もと精華小学校・もと精華幼稚園跡地開発事業者募集プロポーザルの事業者選定結果について

アリー my dear さんから情報を頂きました。ありがとうございました!









th_P_20160423_143930.jpg 

現地の様子です。
建設ニュースが伝える所によると、大阪市が公募型プロポーザルを実施し、2013年2月に最優秀提案者が決まりま既存校舎の解体後、更地の状態が続いた難波の旧市立精華小学校跡地の再開発計画が、いよいよ計画が動き出した様です。今回の再開発は物販・飲食店舗が入る9階建ての商業ビルが計画されている様で、12月初旬に着工、完成は2018年12月初旬を予定しているそうです。










004_20130208171337.jpg
【出典元】→もと精華小学校・もと精華幼稚園跡地開発事業者募集プロポーザルの事業者選定結果について

以前の提案にあったフロア構成のイメージ図です。この提案では10階建て程度のビルが計画されていました。ホテルフロアが中空になっている造りを見ると、なんばオリエンタルホテルが入居しているビルに近いイメージの計画でした。














th_P_20160423_143931.jpg


ついに計画が動き出した、難波の旧市立精華小学校跡地の再開発計画。紆余曲折をへてようやく動き出した再開発計画なので、難波の新しい顔に相応しい施設になる事を期待したいと思いました。
関連記事
[ 2016/07/29 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(6)

御堂筋の道路空間再編に向けたモデル事業「千日前通以南(難波交差点~難波西口交差点間)の東側街区」の状況 16.07

th_001_201601142333115fe.jpg



大阪市は、側道を利活用した「御堂筋の道路空間再編」に向けて、千日前通以南(難波交差点~難波西口交差点間)の東側街区において、モデル整備を開始すると発表しました。


御堂筋は大阪市の中心部を南北に貫くメインストリートとして整備され、2016年に建設から79周年を迎えたところですが、建設当時とは社会情勢が大きく変化し、人々の行動形態や周辺のまちの状況も大きく変わっており、そうした社会の変化や時代の要請に対応した新たな御堂筋へと再編するべく、検討を進められています。このモデル整備は、側道を自転車通行空間化し、歩道を拡張することで喫緊の課題である歩行者と自転車が歩道内で輻輳している状況の解消を行うとともに、整備により道路空間再編の将来イメージを現地で可視化し、歩行者・自転車通行の安全性や快適性、にぎわい形成等の検証につなげていくことを目的としているものです。



<これまでの経過>
2014年11月23日から11月29日 新橋~難波西口交差点において側道閉鎖の社会実験を実施
2015年10月15日から11月14日 空間再編(案)に関するパブリックコメントを実施











th_002_20160114233313570.jpg


今回の実施区間は千日前通以南(難波交差点~難波西口交差点間)の東側街区、約200mの短い区間ですが、今後の御堂筋の再整備におけるモデルケースとして重要な役割を担う事になります。










th_003_201601142333132ee.jpg


再整備のイメ−ジです。側道を閉鎖し、自転車走行空間を設置し、歩行者通行空間も本線側に拡張されます。完成予想パースを見ると非常にいい感じに描かれているので完成後の姿が楽しみです。モデル区間の整備スケジュールですが2016年1月13日〜秋頃を予定しています。











th_IMG_0995_20160728225522843.jpg


現地の様子です。写真は千日前通りとの交差点南東角付近の様子ですが、路麺ブロックの敷設が進み、メチャクチャ広くなっていて驚きました。











th_IMG_1007_20160728225520673.jpg 



南側を見た様子です。車道側に歩道が拡張された事が良く解りますね。














th_IMG_1012_201607282255193d2.jpg



区間の中間付近から北側を振り返った様子です。














th_IMG_1018_2016072822551766e.jpg


さらに南側に進み、北側を見た様子です。こちらも路麺ブロックの敷設が進んでいました。














th_IMG_1021.jpg


敷設中の路麺ブロックの様子です。














th_IMG_1034_20160728225533864.jpg


写真左半分のアスファルト部分は側道ではなく自転車用の空間になります。














th_IMG_1032_20160728225531849.jpg


マルイ付近の様子です。この辺りの工事もかなり本格化してきました。















th_IMG_1044_20160728225530ccd.jpg 


最後は今回の改良工事の終端付近の様子です。着々と工事が進む御堂筋の道路空間再編に向けたモデル事業。完成後は歩行者空間が広がり、より魅力的な街区になると思います。
関連記事
[ 2016/07/29 00:00 ] 大阪都心 心斎橋/難波 | TB(0) | CM(4)

JR京都駅の橋上駅舎で行われている天井耐震化工事と新規LED発車標の設置工事の状況 16.07

th_IMG_0517_201607272350032e1.jpg


JR京都駅はJR西日本で大阪駅に次ぐ利用者数を誇る巨大な駅で、1日あたり乗降客数はJRの在来線が約38.8万人、新幹線が約7万人、合計すると約45.8万人にも達します。さらに近鉄の乗降客数が約10万人、地下鉄が11.7万人で全駅の合計は日延べ約67.5万人もの人が京都駅を利用している事になります。そんな京都駅ですが、JRの在来線の橋上駅舎で比較的大規模な改良工事が行われていました。









th_IMG_0583_20160727235006ff3.jpg


工事名称は「京都西口(跨線橋)工事」。天井の耐震化工事と新規LED発車標の設置、案内サイン類の刷新が行われるプチ・リニューアル工事が実施されました。












th_IMG_0523_20160727235006fa7.jpg


プチ・リニューアル工事が完成したJR京都駅橋上駅舎、改札内コンコースの様子です。照明器具がLED化された他、案内サイン類もJR西日本の最新バージョンに更新されました。














th_IMG_0526_20160727235008cd6.jpg


また、コンコース上に新規にLED発車標が設置され、方面別の発車時刻案内がとても解りやすくなりました。













th_IMG_0581_2016072723500801f.jpg


それにしてもJR京都駅の利用者の増加ぶりには驚かされます。以前は天王寺駅の方が活気がありましたが、現在は京都駅の方が遥かに賑わっている印象です。














th_IMG_0585_20160727235022c2d.jpg


ホームに繋がる階段付近の様子です。階段をグルリと取り巻く様に設置された案内サインが非常に見やすいですね。













th_IMG_0592_201607272350194e7.jpg



こちらはJR嵯峨野線のりば付近の様子です。こちらの案内サインも刷新されていました。














th_IMG_0593_20160727235017178.jpg


また、頭端式のくし形ホームの終端部にはデジタルサイネージも設置されていました。
関連記事
[ 2016/07/28 00:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(0)