仮称)ヨドバシ梅田タワー計画の状況 17.08

th_001_20160831223335d42.jpg

ヨドバシカメラは2016年8月31日付けのニュースリリースで、大阪駅北口の2期計画用地の開発計画 「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」 の建設を着手する事を決定した、と発表しました。ヨドバシ梅田タワーの計画地は、現在ヨドバシ梅田の駐車場として使われている約7000平方メートルの隣接地で、ここに地上35階、塔屋2階、地下4階、延べ床面積92,287.68㎡の超高層ビルが建設されます。2017年07に着工、2019年12月の開業の予定です。


【出典元】
ヨドバシカメラ>ヨドバシ梅田 一体開発(都市再生特別地区 北区大深町)事業計画の決定について


【過去記事】
(仮称)ヨドバシ梅田タワー計画の状況 17.07
(仮称)ヨドバシ梅田タワー計画の状況 17.06 ~平面駐車場が閉鎖され着工前の準備工事が始まる!~
ヨドバシ梅田とルクアを接続する歩行者デッキ設置工事の状況 17.06-2 ~カリヨン広場前のAデッキは2017年06月30日に完成すると公式に発表される!
ヨドバシ梅田とルクアを接続する歩行者デッキ設置工事の状況 17.06 ~ヨドバシ梅田とルクアの東側を結ぶ歩行者デッキが一気に架設される!
ヨドバシ梅田とルクアを接続する歩行者デッキ設置工事の状況 17.04
ヨドバシ梅田とJR大阪駅(ノースゲートビルディング)を結ぶ歩行者デッキの準備工事が始まる!
→ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田2期棟の最新の完成予想パース
ヨドバシ梅田二期棟の完成予想パースが公開! 
ヨドバシ梅田の新ビル都市計画開始 容積率1250%、最高限度150mで2013年度にも着工の見通し!


th_P_20170614_152553_HDR.jpg


【スペック】
名称:(仮称)ヨドバシ梅田タワー
所在地:大阪府大阪市北区大深町4番8
階数:地上35階、塔屋2階、地下4階(申請以外 地上13階、塔屋1階、地下2階)
高さ:149.90m(申請以外62.74m)
構造:鉄骨造(一部 鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
杭・基礎 :
主用途:百科店・飲食店・ホテル・駐車場
客室数:約1000室
敷地面積:申請6,371.70㎡、申請外7,903.98㎡、全体14,275.68㎡
建築面積:申請111,527.16㎡、申請以外108,825.44㎡、全体220,352.60㎡
延床面積:申請92,287.68㎡、申請以外77,937.77㎡、全体170,225.45㎡
建築主:ヨドバシカメラ
設計者:五洋建設
施工者:五洋建設
着工:2017年07月(予定)
竣工:2019年12月(予定)







th_002_201608312233316b8.jpg
出典元:ヨドバシカメラ>ヨドバシ梅田 一体開発(都市再生特別地区 北区大深町)事業計画の決定について
こちらは以前のニュースリリースに掲載されていた断面図です。













th_IMG_0210_201708220010280f9.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2017年07月だったので約1ヶ月振りの取材です。


















th_IMG_0213_20170822001030af6.jpg 


大型重機が多数投入され工事が本格化してきました!













th_IMG_0229_20170822001036149.jpg


3点式パイルドライバーが山留め壁を構築しています。













th_IMG_0232_20170822001032fe6.jpg



最後は新阪急ホテル側から見た現地の様子です。今回一番のお気に入りのカットです。
関連記事
[ 2017/08/22 00:10 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(1)

京阪プレミアムカー乗車レポート3 〜シート編〜

th_IMG_0312_201708202237549b1.jpg



京阪プレミアムカーは
1989年にデビューした8000系電車の6号車を改造して登場した有料座席指定の特別車両です。8000系は8両編成で、6号車が有料座席指定の「プレミアムカー」、ほかの両は別料金不要の自由席、そのうち4号車が2階建て「ダブルデッカー車」の編成です。プレミアムカーの外装デザインは、雅な京都への旅を想起させる京阪特急のカラーイメージはそのままに、特別車両の乗降口としての存在感をより際立たせるべく、扉の回りに「金色」を配置。車内は2人掛けの転換クロスシートから、リクライニングも可能な2+1列のリクライニングシートに大幅にグレードアップされ「プレミアムカー」の名称に相応しい上質な車両に生まれ変わりました。

















th_IMG_0369_20170820223756092.jpg



京阪プレミアムカー特集3回目の今回は、プレミアムカー最大の特徴である「シート」を徹底解剖します!プレミアムカーの
車内は「風流の今様」をひもとき、くつろぎ感を醸す「静寂の月夜」を空間イメージとしています。漆黒色と月が照らし出す、ほんのりやわらかな生成り色を基調とした落ち着きある空間に、月光のきらめきを表す金色をアクセントカラーとしています。













th_IMG_0333_20170820223757d5d.jpg


シートの配置は1+2の横3列。リクライニングシートがズラリと並びます。上の写真は1人席(C席)の様子です。プレミアムカーの座席数は40席でシートピッチは従来よりも100mm広く設定されゆとりのあるスペースが確保されています。












th_IMG_0371_20170820223758384.jpg



2人掛けシートには、これまでなかった中央の肘掛けを設置。どちらか片方だけが肘を置けるサイズではなく、最大限の寸法とする事で、1人掛けを2つ並べたイメージにこだわっています。












th_IMG_0365_20170820223800725.jpg


プレミアムカーの背もたれは従来よりも100㎜以上高くし、ヘッドレストは両端が前方に大きく張り出した形状にして一席ごとにプライベート感を確保しています。また背もたれは最大20度までリクライニングさせることができます。














th_IMG_0335_20170820223809efd.jpg


座席部の床は高級感のあるカーペット敷で通路部と座席部とで異なる仕様となっています。また座席部のカーペットは壁面に少し巻き上げるように敷いています。また壁面下部には間接照明が設置されており、高級感の演出に一役かっています。













th_IMG_0353_201708202238119e6.jpg



シートの設備を細かく見てゆきます。













th_IMG_0187_20170820223813e73.jpg


シートの背面には、パソコンの操作台や小物置きとして使える、大型のテーブルが備わっています。テーブルの裏面には車内設備の案内が表示されています。














th_IMG_0195_20170820223814904.jpg


背面テーブルをオープンするとこんな感じです。














th_IMG_0190_20170820223816662.jpg



基本的なアイテムですが、ネットタイプのシートポケットにドリンクホルダーも装備されています。













th_IMG_0188_2017082022400638b.jpg


ドリンクホルダーは細かい設備ですがあると本当に便利です。















th_IMG_0199_20170820224007f77.jpg


パソコンや携帯電話等の充電用に、 全席にコンセントを配備されています。利便性を高めるために、床からではなく肘掛けから電源を取る配置なのもポイントが高い点です。














th_IMG_0202_20170820224008288.jpg


シートの端に設けられた持ち手。アクセントカラーである金色となっています。














th_IMG_0210_20170820224009366.jpg


シートポケットにはこんな小冊子類も。














th_IMG_0165_20170820224011d6d.jpg


京阪プレミアムカーの1+2配置の3列シート。新幹線のグリーン車までは行きませんが、並の有料特急は瞬殺されそうなハイクオリティなシート、設備が整っていました。これの座席をプラス400円〜500円で利用できるのは相当魅力的です。

京阪プレミアムカーは8000系特急の1両だけですが、1時間に片道3〜4本、120〜160席(40席/本)の供給量なので、特に休日、ラッシュ時にはかなりの頻度で利用されるのではないでしょうか?京阪特急は片道約1時間の道のりなので、ワンコインで着席保証が買える事は個人的には非常にありがたいです。今後、プレミアムカーがどの程度利用されるか?その答えは半年〜1年後に判明すると思います。
関連記事
[ 2017/08/21 00:10 ] 鉄道 電車 | TB(0) | CM(1)

京阪プレミアムカー乗車レポート2 〜エントランス・車内設備〜

th_IMG_0810_20170820215327426.jpg



京阪プレミアムカーは1989年にデビューした8000系電車の6号車を改造して登場した有料座席指定の特別車両です。8000系は8両編成で、6号車が有料座席指定の「プレミアムカー」、ほかの両は別料金不要の自由席、そのうち4号車が2階建て「ダブルデッカー車」の編成です。プレミアムカーの外装デザインは、雅な京都への旅を想起させる京阪特急のカラーイメージはそのままに、特別車両の乗降口としての存在感をより際立たせるべく、扉の回りに「金色」を配置。車内は2人掛けの転換クロスシートから、リクライニングも可能な2+1列のリクライニングシートに大幅にグレードアップされ「プレミアムカー」の名称に相応しい上質な車両に生まれ変わりました。












th_IMG_0499_201708202153269a9.jpg



京阪プレミアムカー特集2回目の今回は、エントランス〜車内設備を中心にレポートします!まずは外装から。プレミアムカーに改造された6号車は他の車両とは異なった赤色中心の配色で金色の1枚ドアが目を引きます。













th_IMG_1001_20170820215324ae6.jpg


京橋駅に停車中のプレミアムカー。












th_IMG_0301_2017082021532441e.jpg


側面行き先表示器はフルカラーLEDが採用されています。◯◯号◯◯時発の表示は非常に親切で解りやすいです。













th_IMG_0243_201708202153221fa.jpg



停車中のプレミアムカーの乗降ドアー。特別な感じがヒシヒシと伝わってきます。











th_IMG_0237_201708202153447ca.jpg


車内点検が終わりドアーが空きました。専属のアテンダントさんがお出迎えしてくれました。プレミアムカーのアテンダントはANAエアラインスクールの研修を受けた方が乗務されており、航空機のCAさんの様な雰囲気がありました。とても親切に接していただけました。










th_IMG_0227_20170820215343cce.jpg


車内デザインは京阪共通のデザイン・コンセプト「風流の今様」を継承した和を感じさせつつ、モダンなテイストで纏められています。乗降ドアーのガラス部分は月をイメージしていると思います。












th_IMG_0222_20170820215341ebe.jpg



乗降ドアーの鴨居部分に設置された路線図もプレミアムカー専用となっています。防犯カメラも設置されています。











th_IMG_0181_20170820215340a3b.jpg


車いすスペースの様子です。













th_IMG_0229_20170820215338119.jpg



扉近くには、スモークガラスの仕切りが設られ、エントランスと客室を隔てることでプライベート感を演出しています。このスモークガラスがカッコイイ!











th_IMG_0341_201708202155415ef.jpg



こちらは車両妻面の様子です。貫通扉はありますが、プレミアムカーは基本的にと売り抜け不可となっています。











th_IMG_0156_2017082021554004a.jpg


プレミアムカーの車内に設置された大型液晶モニターの様子です。












th_IMG_0207_20170820215539902.jpg


天井付近の様子です。照明はLEDの間接照明で暖色系の色合いが高級感を醸し出しています。












th_IMG_0374_20170820215537053.jpg

荷だな、フリーストップ式のロールスクリーンの様子です。













th_IMG_0176_2017082021553673a.jpg


LED照明の什器にはゴールドがあしらわれています。













th_IMG_0343_201708202155525d5.jpg


ナノイーも設置されています。












th_IMG_0338_201708202155501b7.jpg


プレミアムカーの車番とフリーWIFIの表示です。












th_IMG_0356_201708202155538b4.jpg


最後は成田山の御札です。ここまでデザインされたハイセンスな車両に御札。これは微笑ましい装備ですね。

Part3:シート編に続きます。
関連記事
[ 2017/08/21 00:00 ] 鉄道 電車 | TB(0) | CM(1)