アストラムラインー新白島駅(しんはくしまえき)は、オーガニックデザインのグッドデザインな駅でした!

th_IMG_2683_20171122001833bc0.jpg


新白島駅(しんはくしまえき)は、広島県広島市中区西白島町に建設された新駅で、JR西日本の山陽本線と、広島高速交通のアストラムラインが交わる場所に設置されました。新白島駅は、両路線の乗換駅として機能しています。


今回はアストラムラインの新白島駅をご紹介して行きます。アストラムラインの新白島駅は、島式12線のホーム有する半掘割駅。最大の見どころは、この個性的なデザインです。


【関連記事】
→広島市の新交通システム「アストラムライン」が新型車両の投入を発表、新型車のデザインはまさに未来!!










th_IMG_2701.jpg

新白島駅は片側3車線の広い道路の真ん中に設けられています。この場所は将来の駅建設を見越して予め水平を保ってあった場所で、今回、JR新駅の開業により陽の目を見ることになりました。















th_IMG_2670.jpg


それにしても・・。このアストラムライン新白島駅の外観デザイン。かなり強烈です。一目見た瞬間に思い浮かんだモノは「王蟲(オウム)。映画「風の谷のナウシカ」に出て来るアレの白いバーションに見えます。とても有機的なデザインで思い切った感じがします。














th_IMG_2675.jpg


駅舎に見とれていると・・・。地下からアストラムラインの電車が出てきました!斬新な車両と、現実離れしたデザインの駅舎の組み合わせはちょっと未来的な光景です。














th_IMG_2691_201711220018368dc.jpg


それでは、アストラムライン新白島駅に入ってみましょう!前回ご紹介した、スカイレールと並んで「広島に行ったら必ず見る!候補」の最上位に位置する案件だったので興奮してきました。















th_IMG_2664_201711220018432d9.jpg


JR新駅との間は屋根が設けられていますが、上屋に木材が使われている他、曲線を描いたデザインがこれまた有機的です。この屋根の上は緑化も行われています。














th_IMG_2658_20171122001846d2a.jpg



改札口付近の様子です。オムロン製の自動券売機が並ぶ姿は近畿圏の大手私鉄の様な感じがしました。













th_IMG_2657.jpg

自動券売機もオムロン製。駅の乗降客数に対して4台も設置されており驚きました。














th_IMG_2648_20171122001849be0.jpg


改札口を通過し、ラッチ内から駅の外を振り返って見た様子です。














th_IMG_2643_20171122001850d57.jpg


そして、半地下に位置するホームに向かいます。














th_IMG_2638_20171122002114613.jpg


おおおお!天井が高い!丸い!丸い窓がある!














th_IMG_2641_20171122002116881.jpg


カッコええ〜〜〜〜!!!
広島まで日帰りで来た甲斐がありました!














th_IMG_2690_20171122002117edd.jpg


丸窓をそとから見るとこんな感じです。昔の潜水夫が着ていた潜水服、イメージ的にはミスチルのアルバム「Q」のジャケットイラストの様な感じです(マニアックな比喩表現ですいません)。


















th_IMG_2684.jpg 


地上からホームを見下ろした様子です。










th_IMG_2631.jpg


ホームドアはフルスクリーンタイプです。














th_IMG_2624.jpg


発車標と一体化した案内サイン類もクールですね。














th_IMG_2623_20171122002145ff9.jpg


ホームの形状は「V字」型をしており、奥に行くにつれ細くなり、改札口に向かって広い形状をしています。














th_IMG_2699_20171122002146a94.jpg


念願かなって、ついに取材できたアストラムライン新白島駅。王蟲のような白い外観、潜水服のヘルメットの様な丸い窓。全体的にオーガニックなデザインで纏められており、よくデザインされた素晴らしい駅でした。デザイナーさんは誰なんだろう・・・。
関連記事
[ 2017/11/22 01:00 ] 中国・四国 広島 | TB(0) | CM(1)

スカイレール(広島短距離交通瀬野線)は、最急勾配263‰を駆け上がる懸垂式モノレールとロープウェイを組み合わせた交通システム!

th_IMG_2490.jpg


スカイレール(広島短距離交通瀬野線)
は、広島県広島市安芸区の丘陵地帯に造成されたニュータウン「スカイレールタウンみどり坂」の短距離交通システムとして建設されたモノレール路線です。ニュータウンは山陽本線瀬野駅が最寄り駅ですが、住宅街区が急斜面の丘の上に広がっており、瀬野駅から高低差の大きな住宅街区へのアクセス路線として、この特徴のある交通システムが整備されました。















th_IMG_2483.jpg


スカイレールは、ロープウェイのゴンドラのような形をした懸垂式モノレール車両を、駅間ではワイヤロープで、駅構内ではリニアモーターを用いて駆動する方式の交通システムで、懸垂式モノレールとロープウェイを組み合わせたようなイメージです。
「ロープ駆動式短距離交通システム」、「ロープ駆動懸垂式短距離少量輸送軌道システム」とも呼ばれ、神戸製鋼所・三菱重工業などが共同で開発しました。スカイレールの平均時速は約15km/h、登坂能力は270‰(約15度)、スカイレールの最急勾配は263‰で、これはケーブルカー以外の鉄軌道では日本一の急勾配となっています。

ニュータウンの住民の足として、建設されたスカイレール、完成当初からとても興味があったので、今回思い切って見に行ってきました。






















th_IMG_2499.jpg


山陽本線瀬野駅の橋上駅舎とスカイレール(広島短距離交通瀬野線)のみどり口駅はご覧のとおり直結されています。スカイレールの路線は、始発駅のみどり口駅〜 みどり中街駅 -〜みどり中央駅間、路線距離1.3 kmですが高低差は、なんと160 mもあります。














th_IMG_2403.jpg


山陽本線瀬野駅側から見たスカイレールの様子です。まるでスキー場のリフト乗り場のような感じです。














th_IMG_2404_20171120223159e7b.jpg




改札口付近の様子です。スカイレールは折り返し乗車を防止する為に、入り口と出口が完全分離されており、入り口にのみ自動改札機が設置されています。




















th_IMG_2406.jpg


自動改札機は搬送部が無い、フェリカリーダーとQRコードリーダーを組み合わせたタイプです。磁気カードを読み取る搬送部はメンテナンスコストがかかるので、事業者としては極力無くしたいのが本音です。






















th_IMG_2459_20171120223157bb8.jpg


自動券売機は2台。グローリーの汎用型を券売機を思わせる非常にシンプルな機体です。(メーカーは不明)














th_IMG_2454.jpg


発券されたチケットにはQRコードが。これを改札機のQRコードリーダーにかざします。沖縄の「ゆいレール」と同じ方式ですね。


















th_IMG_2407_20171120223524888.jpg


ホーム階の様子です。フルスクリーン型のホームドアが完備されています。

















th_IMG_2416.jpg


スカイレールの車両です。スキー場のゴンドラの様な感じですね。このスカイレール200形車両は1999年に鉄道友の会ローレル賞を受賞しています。



















th_IMG_2408.jpg


乗降ドアーが開いた様子です。











th_IMG_2409.jpg


車内の様子です。乗車定員25人、座席は8席となっています。


















th_IMG_2413_201711202235192fa.jpg


天井付近の様子です。


















th_IMG_2412.jpg

スカイレールは全線複線ですが、始発・終端駅でUターンして折り返す様な構造になっています。これまたスキーリフトそのものですね。、また、スカイレールは駅から発車する際は、リニアモーターにて加速し始め、設定速度に上がった瞬間にワイヤーロープを掴んで出発する、世界的に例のない特徴的な動作をしています。



















th_IMG_2422_20171120223201bac.jpg


まもなく出発の時間です。日中15分ヘッドなので、それほど待たずに乗れるのが良いですね。





















th_IMG_2506_20171120223142ec1.jpg


この高さ、急勾配、さて一体どんな光景が広がっているのでしょうか。


















th_IMG_2427_20171120223538db8.jpg



スカイレールが出発しました。まず目に飛び込んできたのが、軌道の左右に植えられた街路樹の紅葉。美しい遊歩道の周辺には閑静な住宅街が広がっており、住環境は良さそうでした。










th_IMG_2434_20171120223536c37.jpg


スカイレールはグングンと高度を増してゆき、中間駅の

みどり中街駅が近づいてきました。


















th_IMG_2436.jpg


みどり中街駅の様子です。





















th_IMG_2479_201711202235342f9.jpg


終点にかけて更に高度が上がり、とんでもない高さになってきました。この辺りがおそらく最急勾配区間だと思われます。よくこんな山肌の丘陵地帯に大住宅街を作ったなぁ・・・。
















th_IMG_2449.jpg


ほどなく終点のみどり中央駅に到着です。片道約5分の短い道のりでした。始発駅から高低差160m登った事になります。





















th_IMG_2458.jpg



みどり中央駅駅舎の様子です。周辺には特に商業施設が集積している様子はありませんでした。















th_IMG_2444_20171120223624dd4.jpg


広島郊外のニュータウンで運行されているスカイレール。ロープウェイとモノレールをミックスした様なユニークな新交通システムは以前から非常に興味があったので、今回乗る事が出来て満足できました!「なぜ広島都心から離れた山岳地の急斜面に大規模ニュータウンが造成され、スカイレールが建設されたのか?」その辺りも不思議ですが、このニュータウンの立地形状には最適な乗り物である事は間違いなさそうです。

関連記事
[ 2017/11/21 00:00 ] 中国・四国 広島 | TB(0) | CM(1)

ヨドバシ梅田の外周デッキも地味にイルミネーションを実施中。

 th_IMG_2157.jpg



ハロウィンが終わったと思ったら、あっという間にクリスマスモードに入った梅田。先日からグランフロント大阪のイルミネーションやクリスマスツリーをご紹介していますが、ヨドバシ梅田の外周デッキでも地味にイルミネーションが取り付けられていました。



【関連記事】
グランフロント大阪に真っ赤な薔薇のツリーが登場!『GRAND WISH CHRISTMAS 2017』 が開催中!
グランフロント大阪のうめきた広場に登場した「Red Heart Gift」はセンス抜群の洒落たオブジェだった!
グランフロント多さがタワーAが赤くライトアップ!ロックバンド・U2のボノらが設立したエイズ対策組織(RED)とのコラボレーションで実現















th_IMG_2159_20171120235558d13.jpg



外周デッキの様子です。デッキ上部のアーチ上の鉄骨にイルミネーションが設置されました。




















th_IMG_2160.jpg


おおっ!という感じではありませんが、ひそかにイルミネーションやってます、という感じでした。
















th_IMG_2162.jpg


ただ、公道を渡るヨドバシ橋(A・Bデッキ)にはイルミネーションがありませんでした。色々制約があるのでしょうね。
















th_IMG_2156_201711202355547bd.jpg



最後はヨドバシ梅田の外周デッキを真横から見た様子です。よくみると、デッキのイルミネーションよりも壁面のライトアップの方が華やかでした!




関連記事
[ 2017/11/21 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(1)